面白くて学べる!「休日ふらっと」が嬉しい防災体験型施設

次の休日どこにいこうかな?近所だと物足りないし、映画やテーマパークっていうテンションでもないな…せっかくなら何か身に付けることができたり、学びもあって楽しい場所に行きたいと思っているみなさん!

 今回おすすめしたいのは、日常でも役に立つ、楽しみながら学べるテーマパーク

 

それが、私たち防災ガールがこぞって遊びに行く“防災の体験施設”です。東京近郊でも池袋や国際展示場など様々な場所にありますが、今回は今までの防災のイメージを変えるおすすめの施設を2つご紹介します!

土日や連休、そしてお子さんと一緒、もしくはカップルでもぜひ行ってみてくださいね!

 

1)そなエリア東京 

WEB:http://www.tokyorinkai-koen.jp/sonaarea/

 

施設の中は首都直下型地震が起きた際の街並みが再現されていて、一人一人避難場所に避難するために様々な課題を解決していくという体験型の施設。被災地での起きうる課題を目の前にしながら考えるクイズラリー形式のものなので、その臨場感と世界観に引き込まれます

また、施設の中はいたるところにR25やJTなどのイラストを手がけるクリエイター寄藤文平さんによるわかりやすいイラストが描かれていて、難しい情報も視覚的にわかりやすく学べるのでおすすめ!

展示ルームでは世界の防災グッズや、アニメ「東京マグニチュード8.0」が放送されていたり、実際にペットボトルなどで防災グッズを作れるエリアなどもありました!

 

Amazonプライムでもご覧いただけます!

 

防災体験学習施設 そなエリア東京

 

2)本所防災館 

WEB:http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-hjbskan/

 

スカイツリーのある押上駅から徒歩10分のところにある本所防災館。スターウォーズの世界に迷い込んだかのような内装で、様々な災いのテーマごとに体験できるものが設置されています。

暴風雨を体験できるものや、水害が起きたときの扉の重さを体験できるもの、地震を体験できるマシーンもあれば、火事のときの煙を体験できるものなども。

どれも教科書や動画で見るものとは異なり、体験をもって学べるからこそ身につくオススメ施設になっています!

 

本所防災館

 

 

ネットで調べるのも、冊子などで読むのもめんどうだなあ、でも実際に体験しながらなら楽しそうだから行ってみようかあという人は少なくないはず。

そんなあなたにぴったりのこの2つの施設、是非行ってみてくださいね!

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved