あなたの近くの原発

原発の位置

 

東日本大震災で問題になった原子力発電所が爆発した原因って結局なんだったの?
と、なんとなく騒いでいるからリツイートしてみたけど。。という人はまだまだおおいですよね。

そして、地震が来ることはわかったけど、原発の事故に関しては福島の特別な問題だったと他人事の人もおおいはず。

 

 

大地震による影響

2011年3月11日14時46分に発生した東日本大震災で、福島第一原発のある大熊町は震度6強の揺れとなり、施設内外に多くの破損が起こりました。

外部電源・非常用発電機を失ったために館内は停電し、稼働中の1〜3号機は自動停止。

非常用の冷却装置や冷却水循環系のポンプを動かせなくなり、さらに海水をつかった冷却装置系統は津波で破損。

核燃料は原子炉が停止した後も長い年月、崩壊熱を発し続けるので、長時間冷却が滞った場合、過熱を起こし爆発などの事故に繋がることになる。

津波が影響で原発が爆発したのではなく、「地震」によって電気が止まることで、冷却ができず爆発したとのこと。

 

 

基本的には、原発での事故が発生したときには、放射能の影響から人的被害を少なくするためにも
「30km圏内には入らない」ようにしなければいけないことを考えると、
逃げることが出来る場所がとても少なくなることがわかりますよね?

▶参考:日本の原子力発電所の場所-google map
http://goo.gl/maps/JXwo8

 

放射能の影響を考えると、食べることが出来る食事も減り、おいしかったお魚やお肉・お米・野菜もいつになったら食べることが出来るようになるのか・・・

 

まずは自分の家や自分の大切な人の家に近い原子力発電所を確かめてみてくださいね!

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved