南海トラフ法が成立!

せいりつ

 

2013年11月22日、『南海トラフ法』が成立されました!

 

南海トラフ地震にそなえて、地方自治体の津波対策への支援を強化する南海トラフ法が成立しました。

住宅や、津波の被害が少ない高台へ移転する学校や福祉施設、病院などは、

国が用地造成費の4分の3を支援するというもの。

 

南海トラフが発生したときに被害が大きくなるとされる、

集落や子どもや高齢者など、自力での避難が難しい「災害弱者」の安全を確保する狙いがあります。

 

この南海トラフ法は、大きな津波被害が予想される東海から九州の太平洋沿岸部を「津波避難対策特別強化地域」に指定しています。

 

ただ、10戸以上の住宅が同意して一緒に移転することや、

住民が建設費を負担しなければいけないといった条件は今と変わらず、集団移転が進むかはわからないまま。

 

また、首都直下地震の発生時に国の中心としての機能を維持するための対策を促す特措法も成立したそうです。

国は大きな被害が予想される「緊急対策区域」を指定し、政府機能の代替施設や業務継続の計画をつくる予定。

 

首都直下も、南海トラフも、東日本大震災と異なるのは「日本の指示系統が動かなくなること」。

自分たちで判断して行動しなければいけないことが多くなるので、まずは自分で自分の命を守る方法を考えておきましょう!

 

 

▽南海トラフ法が成立 高台移転で支援強化 災害弱者の安全確保 – MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131122/plc13112212190008-n1.htm

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved