自分でナプキンを作ろう

布ナプキン

 

災害としての非常時、

女の子は、さらに加えて「生理」という非常事態がおきる可能性があります。

 

パニックになるとホルモンバランスがくずれて生理が止まることもあれば、

避難しているときに生理になってしまって、ナプキンがないということなんてざらにある。

むしろ、避難先のリーダーが男性だと「ナプキンがほしいです」と伝えるのもおっくう。

 

そんなときは、自分でナプキンをつくっちゃいましょう!

 

洗って何度も使えるナプキン

清潔なガーゼや洋服などを切り取って、15cm×15cmの布をつくり、縫い合わせたらもうできあがり!

使用するときは3つ折りにして染み出ないように注意してくださいね!

布なので洗って乾かしてを繰り返して使うことが出来ます。

漏れないことを重要視したナプキン

布ナプキンで一番気になるのが漏れてしまわないかというところ。

段ボールや型紙を間に挟むことで漏れを防げます!

ぺらぺらの紙ではなくずれてこない固めの紙がおすすめです。

 

このときは、

清潔な状態をしっかり保つこと。そして、擦れてもストレスにならないやわらかい生地を選ぶことを気をつけてくださいね!

 

女の子は、身体に触れるものに敏感で、小さなことも無意識にストレスになりがち。

緊急時は平時とは違う状況でもある中で、少しでもストレスはすくなく、

安心して過ごしていきたいですね!

 

普段から布ナプキンになれておくのも防災の一歩です!

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved