もっと防災をオシャレでわかりやすく

災害時に忘れちゃだめ、歯磨き。

はみがき

 

まずは人間の生命を維持できるとされる72時間を生き抜き、避難場所に避難するまでが第一段階。

 

でも、ちょっと待って。避難所に行けばあとは大丈夫!と安心していませんか?
実は、阪神淡路大震災では、震災に関連した「肺炎」で200人以上が亡くなられています。

 

口は肺への入り口。
避難所生活や水不足によって口の中を清潔に保つことができないと、お口の中の菌が身体に悪影響を及ぼす危険があります!!

 

今日は緊急時の歯磨きについてお伝えしたいと思います。

 

災害時のオーラルケア方法

  • 歯ブラシがないとき

避難所生活などでハブラシがない場合は、食後に水やお茶でしっかりうがいをしましょう!
またハンカチやウェットティッシュなどを指に巻いて歯を拭い、汚れをとるのも効果があります。

 

  • メンソールガム

防災グッズなどの中に1ついれておき、歯磨きのためにも空腹のときのためにも使えるようにしておきましょう!

 

  • だ液でキレイキレイ

だ液には口の中の汚れを洗い出す働きがあります。

水分をできるだけとり、あごの付け根をマッサージして、だ液を出すよう心がけてください。
ガムをかむこともだ液を出させるよい方法です。

 

 

液体歯磨きがおすすめ

緊急時には水が止まったりして、水がとても貴重になります。
そんな中で、歯磨き粉をつかって歯を磨くのは大変なので、液体歯磨きをつかって口をゆすぐと、水分も少なく、口の中の奥にまで届くのでおすすめです!

 

 

 

▶参考:http://jp.sunstar.com/bousai/top.html#section01

Pocket

人気の記事

Copyright © Bosai girl All rights reserved