防災ボーイNo.008|末崎浩史

008

名前:末崎浩史

年齢:31歳

出身地:新潟県長岡市

 

俺のおすすめサバイバル法

まずは火!燃えそうな木を集める。

そして、焚き火。水はナルゲンボトルを活用し、常に持ち歩く。

 

東日本大震災のときに感じたこと

東日本震災で感じたことは、2点あります。

私は東京にいたので、東京視点でお答えします。

1つ目は、まず交通インフラのもろさ。

電車はもちろん、あらゆる交通手段が一瞬にしてマヒし、帰宅難民が多く出したこと。

国も都も震災対策がなかったせいか、全ての対応が後手後手。何かが起きてから、対応していたと思います。

また、そもそも都は地震を想定した避難訓練や事前シュミレーションを行っていたのか?と疑問に感じます。

2つ目は、SNSには感謝です。

家族や友人知人に携帯電話はつながらず、孤独や不安になる中、SNSはそれを解決しました。

安否、居場所が確認ができ、情報を共有し合える。SNSには本当に感謝してます。

ツィッターありがとう!!ですね。

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved