防災ボーイNo.009|吉村創一朗

009

名前:吉村創一朗

年齢:20歳

出身地:神奈川県川崎市

 

俺のおすすめサバイバル法

サバイバルかどうかわからないですが、

ヨーロッパいた時まじでお金なかった時は場所構わず野宿!意外に安心。

 

東日本大震災のときに感じたこと

東日本大震災の時、実は一度も揺れをこの身で感じていません。

あの瞬間、部活の関係もあってボートの上にいたんです。

どれくらい揺れてどんなに恐ろしかったか。

1年後震災のボランティアで仙台に行き、ようやくこの目で震災の現実を見た時は、言葉が出ませんでした。

でも何より辛かったのは被災者に言われた一言でした。

 

関東などからくるボランティアは遊び半分でここに来て、何もわかってもらえず帰っていく。

そんな人たちはこれ以上いらないし来て欲しくない。

ああ、自分も結局この場所に来てみたはいいけど、中途半端な気持ちで中途半端に帰っていく、

僕自身もいらない一人だったんだなと強く感じ、その後ボランティア活動をやめました。

 

一番は何よりボランティアの人も被災者と同じ目線で立ってあげて、

例えばこの瞬間何が必要なのかとかどうして欲しいのかわかってあげなきゃ

本当の意味でのボランティアって絶対できないんだなあと思いました。

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved