防災ボーイNo.012|遠藤翔太

遠藤君
名前:遠藤翔太
 
年齢:22歳
 
出身地:宮城県
俺のおすすめサバイバル法
普段から情報収集できる媒体を探っておくこと。
緊急時にいち早く情報を発信してくれるのは何か。信憑性の高い情報発信メディアは何か。
ということを普段から意識してニュースなどをチェックしていればニュースの知識もつくし、防災にも繋がって一石二鳥!
東日本大震災のときに感じたこと
僕は宮城在住の祖父母のもとを訪問時に被災しました。何もできずに逃げるように帰ってきてしまったことを後悔しています。
いろいろな世の中のことを見ていて感じたことは実際に活動を起こすことが大切という事。
被災状況などをメディアで見て助けてあげたいという気持ちを持つ人は多いものの
実際に行動に移す人は少ないように感じました。
実際に現場行ってみると目に飛び込んでくるものはメディアによって形成された被災地のイメージを
はるかに超えているものでした。
僕たち、20代がもっと世の中にメッセージを発信していくべきだと僕は思いますし
もっとアクティブに行動していくことが今後の防災意識の向上につながり
結果的に日本全体に一人でも多くの笑顔が生まれると思います。
Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved