大きな揺れを感じたらすべき5つのこと

名称未設定 1

 

 

グラッと大きな揺れ…。誰しも何が起きているのか不安になるもの。
今回は揺れを感じたその瞬間にやるべき5つのことを紹介します。

 

1.まずは身の安全の確保

とにかく落下物から身を守りましょう。

▼外出先の場合
看板や割れた窓ガラス、壁、瓦など上からモノが落下する可能性がありそうな場所にいたら、すぐにその場から離れ、できるだけ物のない場所など安全だと判断できる場所に移動してください。

あまりにも揺れが大きすぎて動けないようであれば、ひとまずバッグなどで頭を守りましょう。

 

▼家のなか、室内の場合

机の下など丈夫で安全な場所に移動しましょう。揺れで机が移動することがあるので、しっかり机の脚をもつといいでしょう。もしキッチンにいた場合は、ムリに火を消そうとすると火傷や落下による怪我のおそれがあるため、まずは身の安全を確保することを優先し、揺れが落ち着いてから、火の始末をしましょう。

 

2.脱出口の確保

大きな揺れで建物やドアがズレることによって扉が開かなくなることがあります。
逃げることが出来る通路の確保をしましょう。

また、平時のうちに家具の転倒落下移動防止の対策をすることや、一番早く逃げやすい場所はどこなのか避難経路をちゃんと認識しておく事が重要です!

外出先にいるときは、係員の指示に従いましょう。

 

3.災害情報、避難情報の入手

津波のおそれはあるか、避難勧告はでているかなど、最新の情報を取得しましょう。
防災アプリのなかには、プッシュ通知で緊急地震速報や地震情報をお知らせしてくれるものや、アプリでテレビの緊急放送を見られるものもあります。

信頼できる情報を精査して、うわさやデマに振り回されないようにしましょう。

災害時に情報収集するためのWebサービスまとめ(2017年版)

 

発表★防災ガールの防災アプリDLランキング!

 

4.周囲の安全確認&安否確認

・倒壊した家や、転倒した家具などで埋もれてる人はいないか
・火災は起きていないか
・周りの人は無事か
などを落ち着いて確認しましょう。

 

5.避難する

津波のおそれや火災の発生などがある場合、大きな被害が予測される場合は近くの公園や学校の校庭など広い場所や避難所に移動しましょう。近所の方と声を掛け合いながら避難することも大切です。

そのときに、以下のことを気をつけてくださいね!

・火・ガス栓を止める
・ブレーカーを落とす
・(車に乗っていたら)鍵をつけたままエンジンをきって左端に止める
 etc..

 

まずはすぐに自分を守るアクションを。
あなたが無事でないと、隣のひとを助けることもできません。

 

落ち着いて行動できるよう、普段からチェックやイメトレをしてみてくださいね。

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved