防災ガールの今

名称未設定 1

 

防災ガールというアイデアが出てから1年4ヶ月

WEBサイトが立ち上がり、団体として設立してから10ヶ月が経ちました。

防災ガールがこんなにもたくさんの方に応援していただけるプロジェクト・団体になるとはおもいもせず、ただ一心不乱に活動してきたので正直毎日驚きの連続です。

 

 

No.50を越えた防災ガール、海外にも

実はこの1年で大きな募集をかけたわけでもないのですが、既に防災ガールは50人を越えています。

 

ひとりひとり、防災のプロフェッショナルになりたいわけではなく、普通の女の子でありながら、大切な人を守りたいという想いや、東日本大震災・阪神淡路などを経験してから同じことを繰り返したくないというおもいからそれぞれ手を挙げてくれました。

それぞれの生活も忙しくて、変化が大きい20~30代の女の子には、「防災」というちょっと堅くて重めな内容を日々やっていくのは大変だとおもいますし、たくさんのやりたいことの1つとして防災ガールを選択してくれただけでもう本当に嬉しくって。

 

まずは防災ガールのひとりひとりが毎日楽しくしあわせに暮らすこと。そして自分たちが一番楽しみながら毎日の生活に防災をとりいれ充実していることがなにより大切だとおもっています。

世界一周をしながらコラムをかいてくれる子もいれば、韓国からジョインしてくれている子も、そして防災ガール@フィリピンを立ち上げようと試行錯誤している子もいて、なんだか今っぽい団体のあり方だなあと。

10363342_567748300006550_8118698355804149253_n

 

 

団体のフェーズが変わるタイミングなのかな

立ち上げのタイミングで一緒に活動していた運営メンバーから変わらずいるのは私入れて3人だけで、他のメンバーは運営という立場でなくサポートメンバーとして協力してくださったり、もっとやりたいコトが見つかったよ!といったん防災ガールの活動をお休みする子も出てきました。

 

防災だけが社会課題ではないし、その一人一人の生活状況や考え方によってどんどん関わり方もスピードも内容も変えていけばいいと思います。(そこが法人格をもたず任意団体であることの強みでもあるとおもいます)

 

そして、立ち上げのタイミングでは考えもしなかった大手の企業の方からのコラボのご依頼をいただきはじめたり、今や毎月なにかしらのテレビ・新聞・雑誌・ラジオに取材していただいています。

これはまさしく、防災ガールを応援してくださっている方のシェアとサポートのパワーだとおもいます!(ありがとうございます×10000)

 

とはいえ、目の前のご依頼や取材、やりたいことをどんどんやる立ち上げ期から、すこしずつ、団体のコアを固めていく時期にはいってきているのを体感覚でもメンバーとの打ち合せの中でもかんじています。

防災ガールってなんだっけ?

防災ガールのわたしたちがやるべきことは?

ゴール?ビジョン?

もっともっとここを固めて、しっかり広げていきたいと思います。

 

 

これからもっと防災ガールがふえて、もっとみんなが気持ちよく、幸せに暮らせるように。

もっと若者の防災意識が高まるように。

 

引き続き、防災ガールを何卒宜しくお願い致します!

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved