身近なものも防災グッズに♪

名称未設定 1

『防災意識が高まっても、実際にどんな防災グッズを持ち歩いていいか分からない!』

『普段、荷物になるものを持ち歩きたくない・・・。』

 

そんなあなた、まだ今持ち歩いているものが防災に役立つってことに気づいてないのね^^

今日は新しく防災グッズを購入しなくても、

ちょこっと備えたいあなたにぴったり!普段のものが使い方を変えるだけで防災グッズになるものを紹介します!

 

大きめのハンカチ

普段から、身だしなみとして持ち歩いている人いますよね?

これが、崩れた家のほこりが舞う被災地で、マスク代わりになったり、

止血や骨折の際に、応急手当ての包帯代わりにもなるのです!

 

厚手のストールなどもとっても役に立ちます!

女性は着替えや母乳をあげるときにも使えますし、結び方をかえてバックにもできる。

そして、体温調整が必要な災害時はマフラーや肩掛け、ひざかけにもできますね!

 

生理用ナプキン

もしも・・・の時に備えて、普段から持ち歩いている人も多いと思います。

生理用ナプキンは、個別包装をされており衛生が保たれています。

災害時にケガをして流血した際、綺麗なタオルやガーゼが手元にない場合はこの生理用ナプキンを傷口に当て止血することができるのです!

 

メンソールガム

普段、タブレットを持ち歩いている方、メンソールガムに変えませんか?

以前コラムで紹介しましたが、 災害時、歯磨き代わりになるのはもちろんのこと、空腹対策にも役立つのです。

 

 

何気なく持ち歩いているものが、実は災害時に使えるかどうか考えてみるのもいいですね♪

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved