ペットの防災

pet

静岡県獣医師会田方支部と、静岡県三島市が 災害時の動物救護活動に関する協定を締結したそうです!

 

大規模災害時に、所属している獣医師が被災動物の応急処置などを行う、

というような内容で、同支部が自治体と災害時協定を結ぶのは初めてだといいます。

 

このように地元獣医師会と自治体が協定を結ぶという動きは、

各地域で前々から行われていることですが、 ペットも大切な家族の一員

万が一、大きな災害が起きたとき、 家族とペットが安全に避難出来るよう、 日頃の心構えや備えが必要ですよね!

 

基本的なしつけ

災害は人にとっても、ペットにとっても大きなストレスがかかります。

緊急時に安全に避難すること、また人が多く集まった場所において、 他の避難者に迷惑をかけないために

・ケージに入ることを嫌がらない

・人や他の動物を怖がらない

このような基本的なしつけをしておくことが大切です!

 

また、日頃の体調管理も人と同様、とても重要。

各種ワクチンの接種や、寄生虫の駆除などもしっかりと行っておきましょう。

 

準備しておきたい防災用品

災害時には、ペットと離ればなれになることもあるかもしれません。

ペットが迷子になり保護された時のために、 必ず名札などの飼い主が分かるものを付けておけば安心です。

 

犬なら、登録鑑札と注射済表のほかに名前と電話番号が入った名札。

猫なら、首輪に電話番号が入った名札。鳥なら足輪など。

 

最近ではペットの皮下に埋め込むマイクロチップもあります。 紛失や破損の心配もなく、確実な身元証明になるので便利ですよ^^

更に災害が発生した場合、救援物資が届くまでには時間がかかります。

これも人と同様、物資の備蓄を行うことも必要です。

 

準備しておきたい防災用品としては

・フード、水、薬(最低5日分)

・キャリーバッグまたはケージ、首輪、リードなど

・ペット用品(ペットシーツ、排泄物処理用具、トイレ用品、タオル・ブラシなど)

・飼育手帳、動物の写真

 

万が一の災害に備えるのは人だけでなく、

大切なペットももちろん同じであることを忘れてはいけませんね!

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved