refugee shelters

名称未設定 1
日本でもおなじみのIKEA。
こちらの慈善部門である「IKEA Foundation」が発表した「refugee shelters」は、
一般向けのスモールハウスではありません!
実は、全世界で推定350万人にも及ぶテント生活を余儀なくされている避難民の方に向け、
テントやシェルターを”リデザイン”した製品なのです。
このスマートシェルターは機能性にも優れており、
断熱壁、太陽光発電、人が直立できるだけの高さなど、
基本的な機能が含まれているそうです。
標準的なテントの6倍である、およそ3年間の耐久性を持つということで、
万が一の長期的避難が必要な時にも安心ですよね!
IKEAの大型インテリアのような、段ボール箱に梱包された状態(フラットパック方式)で現地に届き、
これをすべて組み立てるまでの時間は約4時間。
構造はとてもシンプルで、金属線とパイプフレームの上に
プラスチック製パネルを取り付けて組み立てられた長方形のユニットのみとなっています。
ちなみに床面積は17.5㎡(約10畳)とのこと。
価格は現在のところ7,500ドル程ですが、
大量生産をすることによって1,000ドル(日本円にして約10万円前後)まで
落とすことが可能?との見立てがされています。
避難所での共同生活というのは、やはりいろいろな面で不便があるものです。
しかしこれがあれば、ある程度のプライバシーも守られ、より快適に過ごすことが出来るのではないでしょうか?
今後のブラッシュアップに、是非期待したいですね!

 

 

参考:

inhabitat.com
weburbanist.com
ikeafoundation.org

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved