東京の防災プラン

名称未設定 1

 

2014年12月25日、クリスマスの日に東京都防災より「東京の防災プラン」がリリースされました。

 

東京都は、2020年を目標に、地震や風水害の自然災害に対して、都民・地域、企業、行政があらかじめ備えるべき防災の取組を示す「東京の防災プラン」を策定し、策定に当たっては今年9月にパブリックコメントを実施、都民の意見なども踏まえて、具体的な防災の取組について取りまとめているそうです。

 

東京を世界一の都市にする

これが都知事となった舛添要一さんが都政運営で目指すところであり、そのための礎としての「安全・安心」とのこと。

2020年には、東京オリンピック・パラリンピックが開催され、街の新しい展開だけでなく多くの外国からいらっしゃる方々に向けて、東京都としてどのような防災対策をしていくプランがたっているのでしょうか。

スクリーンショット 2014-12-26 13.38.08※東京都の防災プランより抜粋

 

東京都として目指すのは、都民・地域、企業や行政の取組を通じて「世界一安全・安心な都市」にふさわしい災害対応力が備わっている都市。行政や公共のものに頼るばかりではなく、企業や学校として、そしてそれぞれの地域や家庭、そしてさらにそれぞれを構成するひとりひとりの意識の変化と対応が必要です。

 

プランや仕組みはあるけれど、誰が実行するか、それが本当に効果的かわからない

これは防災ガールとしての考え方ですが、これまでにないくらいわかりやすく、見やすい資料になっていてすばらしいですし、起きうる災害や事象から逆算してプランをたてていることを隠さず見せる資料になっていてとても素晴らしい!・・・・

 

ですが、結局それを実行する人が見えなかったり、そしてそれが「ただ上から言われたからやりました」となってしまう可能性はまだまだ残っています。

防災ガールでは、どんなプランも実行しなければ意味がないし、どんなすてきな計画も参加者が覚えたりすぐ実践できなければ意味がないと思っています。

 

ぜひ、私たちと一緒に、みなさんは皆さんの中で必要だとおもう防災のアクションを実践にうつし、東京だけでなく全国でリスクマネジメントのできた人が増え、「防災があたり前の世の中になる」ように一緒に広めていきましょう!

 

 

 

 

 

 

参考:http://www.bousai.metro.tokyo.jp/bousai/1000019/1001121/1001559.html

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved