ウソとデマに惑わされない方法

名称未設定 1

 

世紀の大予言で世界が滅亡するという言葉や、大地震がもうすぐ起きる!という予言は世界中どこでも様々な情報が行き交っています。その中でも特に日本で暮らす私たちにとって、「防災」という意味でも南海トラフや首都直下地震に関しては気になるところ。

先日からイルカの大量座礁や、なまずの動き、空の地震雲が発生したことなどで、みなさんのソーシャルメディアでもたくさん「シェア」されたり「ツイート」されたりしているかとおもいます。

 

リアルタイムにどんなことがつぶやかれているかしろう

スクリーンショット 2015-04-11 13.27.14

自分の周りだけでなく、どのようなことが知らない人たちがつぶやいているのか調べてみましょう。

似たような事を言っている人もいれば、根拠のない情報を情報源をいれずにつぶやく人も、そして研究されている方の裏付けのある情報もあるかもしれません。

Yahoo リアルタイム「地震」検索

 

その情報が正しい情報かシェアする前に一度疑い、調べよう

例えば今回のイルカの座礁。テレビでも現地の人の声を取材して放送しているけれど、その現地の人が過去のイルカの生体や座礁が本当に地震について分析した結果を伝えているのでしょうか?もしかしたら感覚で地震の前は座礁するということを伝えているかもしれない。そう一度疑ってみましょう。

例えば、以下記事では過去の地震とイルカの打ち上げの関係を調べまとめていらっしゃいます。

カズハゴンドウ イルカ打ち上げと地震の関係を過去の座礁で検証!

スクリーンショット 2015-04-11 13.31.41

 

 

まとめ

これまでたくさんの予言や、根拠のないデマ・噂がありましたが、自然災害に携わる人は誰でも言う事は

「自然災害や防災には“絶対”“確実”はない」ということ。どんな研究をされている方でも、「わからないということがわかった」という程。

どれも結果論でしかなくて、事前予測ができたものではないし、なによりデータや根拠のない事実だけで不安になり、その不安が連鎖して広まってしまうと言う事が一番危険です。

まずはニュースや噂だけで判断せず、一度確実な情報源から調べるということと、その間違った噂を広めないために自分でその噂を止める(自分はシェアしない・シェアした人に伝える)ことをすることをすすめます。

 

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved