白馬現地レポート 復興のいま 前編

地震から約半年、白馬神城断層地震のいま

 

2014年11月22日22時8分頃、長野県白馬村を震源として発生した地震を覚えていますか?
小谷村、小川村、長野市で最大震度6弱を観測した神城断層地震です。

 

震源断層は白馬村と小谷村を縦断する神城断層でした。
大きな地震だったにもかかわらず、死者がいなかったことでも注目されました。

 

被災地は豪雪地帯で知られており、震災直後、倒壊した建物は
雪に耐えれるような措置をボランティアをはじめとして行いました。
そのため、雪がとけた4月から、本格的な解体、復興作業がはじまりました。

 

■現地レポート

白馬ではいま何が起こっているのか、そして死者がゼロだった白馬の防災対策の秘密はなにか…。
地震から約半年経った6月13日、白馬に向かいました。

 

まず、見えてきたのはおそらく建物があったであろう更地の数々。
そして、震災直後、倒壊しないように添えられた柱がまだ残る住宅と
解体作業をすすめる重機と作業員の方。
 
2015-06-13 11.52.36
△ まだ手つかずの場所もありました
 
11046497_866434276771871_4796652624840019408_n
△ 避難所となった公民館は解体されて、更地に
(発災当時の公民館はコチラ
 
10648447_866434173438548_1149371361765889182_o
△ 土曜日でも、たくさんの工事車両が作業を行なっていました
 
11659440_866434196771879_351583337801550891_n
△ 12月に決定された要注意宅地の張り紙が残っている住宅
 
地震から半年が経つといいつつも、まだまだ地震の爪あとが残る神城地域。
それでも、一歩ずつ復興に向けて進みだしていることを感じました。
 
 

■いま私たちにできること

白馬災害ボランティアセンターによると、震災から半年経ち、
現地ボランティアのニーズは減少傾向にあるということ。

 

私たちにいまできることは、どんなことがあるのでしょうか・・・。

 

 

 

白馬へ遊びに行こう!

 

白馬は東京から特急電車や高速バス・車で約3~4時間の場所にあります!
そして、現在グリーンシーズンを迎え、美しい自然が堪能できます。

b0109_800x600
 
1549-520x345

 

夏でも涼しく自然を満喫できる白馬は、様々なアクティビティーも楽しめます!

 

白馬村観光局:http://vill.hakuba.nagano.jp/index2.html
長野県のアウトドアレジャーガイド「goat」:http://nagano-outdoor.com/tag/%E7%99%BD%E9%A6%AC/

 

美味しいお蕎麦などいただいて、観光をすることも立派な応援です!

 

白馬災害ボランティアセンターの方も、
「ぜひ遊びに来てください。元気な白馬村の姿をみなさんにお伝え下さい。
白馬村を訪れることが復興の一歩につながります。」
と、おっしゃっていました。
 
今年の夏は避暑地 白馬で過ごしてみるのはいかがでしょうか。
 
 

防災の備えをする


自分の身を守るため、いま一度、防災の備えを確認しましょう!

死者ゼロだった神城断層地震。
それは日ごろの備えにあったといいます。

 
白馬から私たちが学べることとは?

 

詳しくは後編で!
 

 
関連記事:防災の5つの基本アクション http://bosai-girl.com/2014/09/30/5actions/
 
 
Written by :No.030|筒木 愛美

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved