初!福岡で防災ガール講演

unnamed (3)

初!福岡で防災ガール講演

2015年10月12日は福岡県の博多駅で開催された「すこやかフェスタ2015」にて

防災ガール代表理事の田中と、2015年度後期メンバーとして新しくジョインした岩手県出身の佐々木麻美の2人で

「防災と健康」についての講演をさせていただきました!

 

すこやかフェスタでは「健康」に関する企業による各ブースと、講演ステージにわかれており、

防災ガールが関わらせていただいているNTTタウンページさんのブースも!

今回は、NTTタウンページさんにお力添えいただいて、福岡のみなさんに「防災」についてお伝えする機会をいただきました。

 

被災する前に知っておきたい「健康」

防災ガールの麻美ちゃんは東日本大震災での被災経験をもとに、避難所での健康被害についてや、

高齢の方だからこその事前の備えについてお伝えさせていただきました!

会場の席はほぼ満席で、みなさんメモを取りながら聞いてくださっていたり、大きくうなずいてくださっていました。

 

unnamed (2)

そして代表の田中からは、

そうはいっても防災ってめんどうだしやらない人が多く、麻美ちゃんの体験談や提案で「今」心が動いても家に帰ったら忘れてしまう人が多い。

そこで、もうすでにやっている防災のアクションに気づいていただく事、その場で出来ちゃう防災のアクションに気づいていただき、より「防災を身近に」感じてもらえたらと想いお話しさせていただきました!

 

昔からの伝統やお祭りが防災を繋げる

unnamed

今回、移動距離も長かったため前後で福岡に泊まらせていただき、福岡の魅力をたくさん知ると共に、防災についていろいろと伺ってきました!

上の写真は、有名な学業の神様である太宰府天満宮。

そしてこの記事の一番はじめに掲載している写真は福岡の屋台の写真です!

(食べ物もとってもおいしいのでみなさんぜひいってみてくださいね♪)

 

福岡でこれも有名な山笠

その山笠も当時疫病が流行ってしまっていた事を食い止めるべく水をかけるようになっていたりと、昔からの伝えるべき事はお祭りや基本のコミュニケーションの中にはいっているのだと感じました。

また、屋台での関わり合いや、声掛けも、まさに日本のラテン系!とも言っていい程みなさん陽気で、もっとこういう明るさや声掛けが広まったらいいなと思いました。

 

福岡は風水害や、活断層による地震・津波の影響がこんごあるともされています。

大切な、大好きな自分たちの街を守り、そして自分と大切な人の生活がよりすてきなものになるよう、

防災をあたりまえにしていきたいし、広めたいです。

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved