ドローン女子誕生!? ドローンが災害対応に革命を起こす!

ドローンに対してどんなイメージがありますか?
私は、はじめニュースで軽く聞いたことがある程度で、どんなものなのかよくわかりませんでした…。

 

しかし先日ドローンに触れる機会があり、いっきにドローン女子の仲間入りしました\(^o^)/

 

防災ガールにも以前から関わりのある古橋さんが考えたプロジェクト「DRONE BIRD」

これは災害時にドローンを飛ばして現地がどのような状況か撮影して、地図を作成するプロジェクトです。

 

 

 

 

災害大国である日本。もし大きな自然災害が発生した時、もっとも必要なものはなんでしょうか?いちばん最初に必要となるのが、「状況をきちんと把握できる正確な地図」です。災害時に地図がなかったらどうなるでしょう?

噴火が起きたとしたら、溶岩はどこまで広がっているのか?
大地震が起きたとしたら、どの道が安全に通れるのか、どの道は危険なのか?
洪水や大規模火災が起きたとしたら、どちらに逃げればいいのか?

地図がなかったら、救援活動すらままならないでしょう。今まで道だった道が、「道」ではなくなる瞬間。災害において、地図があるかないかは、命を左右します。

 

 

地上から操縦できる小型の飛行機『ドローン』。 ドローンであれば、自動操縦によって、津波で浸水した町の上や、放射能で汚染された場所など、人が入れないエリアに行き、画像や映像を撮影することができます。訓練された操縦士と準備さえあれば、即座に出動。現地状況を最短2時間以内に空撮し、その情報を公開することも技術的に可能です。

 

(引用:「READY FOR?」)

 

 

 

こちらがプロジェクトを立ち上げた古橋さんです。

 

furuhashi

 

 

このプロジェクトを実行するには多くの人がドローンを操縦できる必要があり、
まずはよくドローンを知らない人が触れてみようという企画に参加してみました!

 

防災 ドローン

 

初めてドローンを操縦してみた率直な感想として、思ったよりも簡単に動かせて楽しかったです^^

難しい点としては、ドローンで撮影している映像だけみると、

距離感や方向がわかりにくく、 ドローン自体をみて操縦してしまうことです。

 

実際、災害時に使うときはドローン自体は見えず映像を見て操縦することになるので、

訓練が必要であると感じました^^

 

災害の多い日本に、このプロジェクトはすごく必要だと思います。

ドローンに触れたことのある人もない人も、「DRONE BIRD」のプロジェクトの応援もよろしくお願いします!!

 

12404138_1103588646347993_1938392112_n


 

 

 

\クラウドファンディング締め切りあとわずか!!/

ドローンで災害地を救え!世界初の救援隊「DRONE BIRD」始動

https://readyfor.jp/projects/dronebird

 

 

Written by :No.085|原杏奈

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved