女性のための「災害に備えておきたいものリスト」

4月14日からいま現在も発生している地震により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。今後の情報に注意して、とにかく身の安全を守ってください。

防災ガールでは、Twitterを中心に情報発信中です。熊本のメンバーや災害支援仲間とともに情報収集に努めています。

 

まだまだ警戒が必要ないま、女性ならではの備えが知りたいという声をいただいたので、

・日頃から防災ポーチとして用意しておきたいもの、

・非常用袋のなかに用意しておきたいもの

の2例をご紹介します。

 

日頃からバックに入れておきたいもの

・スマートフォンの充電器
・常備薬(1週間分)
・ティッシュとウェットティッシュ
・マスク
・水(500mL 1本)
・生理用品 ★
・ヘアゴム ★
・笛
・非常食(チョコやシリアルバー)
・メモ帳
・メガネorコンタクト

普段のバックに多くの非常品を入れておくのは荷物が重くなってしまい逆にストレスにも…。
とはいえ、最低限の備えが必要です。

女性が注意したいのは、まず生理用品。非常時にはメンタル的な問題で急に生理がきてしまうことがあります。生理用品は救援物資に必ず含まれるようにはなっていますが、自分に適したサイズや素材、必要な枚数が手に入るとは限りません。普段から使っている、自分に適したものを最低限備えておくといいでしょう。

また、絶対に必要ではないですが、避難先では入浴が制限されシャワーが浴びることができない日が続くため、髪をまとめるためのヘアゴムも備えておくと便利です。怪我をした際の止血としても利用できます。

10859599_1522929547980025_573633644_n 10819001_1522929561313357_1694284230_n

■過去の防災ポーチ特集■
私の防災ポーチ紹介 vol1
私の防災ポーチ紹介 vol2
私の防災ポーチ紹介 vol3
私の防災ポーチ紹介 vol4

 

非常用袋に入れておきたいもの

まず、備えておきたいのが下の図のグッズです。

sonaeru
http://www.nhk.or.jp/sonae/goods/pdf/home_blue.pdf

 

これにプラスして、女性が準備しておきたいのが以下です。

・生理用品
1周期分あると安心です。

・おりものシート
お風呂に入れなかったり下着不足が続いた際に、こまめに交換できるおりものシートはとても便利。

・エッセンシャルオイルorハンドクリーム
命を守るアイテムも必要ですが、こっそり気分転換できるアイテムも重要。過敏になった気持ちを優しく癒やしてくれます。

・ストール
寒さ対策や目隠しなどに使える。

・ドライフルーツ
避難生活ではトイレ環境や食事のバランスの問題、精神的な要因で便秘になりがち。栄養素が凝縮されているドライフルーツは重宝する非常食のひとつです。消費期限が長くないものもあるのでご注意を。

・洗顔料
現在のような初動期は命を守ることが優先されますが、避難生活は長く続くことも想定されます。
肌が潤って明るい色になるだけで、少し心が前向きになるはず。


 

 

備えに正解はありません。
お住まいの地域やご自分の生活にあわせて想像力を働かせ、必要な備えをすることが重要です。

 

防災ガールではこれからも情報発信を進めていきます。
あわてず、正確な情報の取得に努めてください。

Pocket

人気の記事

Copyright c Bosai girl All rights reserved