もっと防災をオシャレでわかりやすく

<今、備える防災>「もしも」の時にペットを守れる飼い主になりましょう。

 

あ

家族同然として一緒に暮らしているペットたち。
子どものような存在だったり、親代わりのような存在だったり、
人によっては本当に心を救われた存在であるということもあると思います。

かくいう筆者もそのひとり。愛猫がいなかったら、
本当に人生捨てていたかもしれないなと思うことがよくあるほどです。(笑)

 

ペットを飼っている者として、心得ておくこと。

w

熊本での大きな地震、続く余震のニュースが日々報じられています。

天災というのはいつ・何が起こるか分かりません。
家にいる時にだけ災害が発生するとも限らないし、家に帰れる状況になるのかどうかも分からない…。

それでも愛するペットと生き抜くために、発災後にできることとは別に、
今この瞬間にできる「ペットを守る備え」をぜひ実践してください。

 

ペットを守る飼い主になるために 今できる3つの備え

①首輪・ネームタグをつけておく。

災害の発生により家屋が倒壊したり、
パニックになって逃げだしてしまったペットを捜していますという情報がSNS等にも多く流れています。

万が一離れ離れになってしまったとしても、
首輪やネームタグがあればそうした情報を見て保護してくれる人が現れる可能性がぐっと高まります。ネームタグには名前以外に連絡先も記入しておくといいでしょう。

他にも、マイクロチップを使う方法もあります。

マイクロチップはデータ照合をすることで身元の確認をとることができ、
半永久的に使用することができるそうです。
詳しく知りたい方はお近くの動物病院へ問合せしてみてくださいね。

 

ノミやダニの予防、伝染病の予防接種を。

飼い主としてペットの健康を保つことは当然だと思われるかもしれませんが、
そんな「当然のこと」が非常時にも活かされる重要な備えになります。

被災後、パニックになって逃げだしてしまったり、
家が倒壊して離れ離れになってしまったりしてもペットたちに生き延びてもらうこと。
病気で死んでしまうことを防ぐためにも、避難所での共同生活を過ごす上でも必須の対策です。

 

③ケージやトイレ用品、餌の用意を多めにしておく。

ケージは同行避難の際に必須となります。
いざという時にケージにスムーズに入ってくれるよう、普段から慣らしておくことも大切です。

トイレ用品や餌の備蓄も、避難する際に持ち出せるようセットしておくといいでしょう。
また、万が一暫く家に帰れなくなったとしても、
家に餌の備蓄をしておくと動物は自分で食べ物を探して口にすることができるかもしれません。

 

災害が起きた時、ペットは避難所に入れるの?

q

環境省のガイドラインは、「飼い主とペットの同行避難(※)を行うことを想定」され提唱されています。

しかし、実はこれも自治体等へ向けて「こうした心づもりで対策を練ってくださいね」という
喚起のために唱えられているだけであり、避難所へのペットの持ち込み可否は各避難所の判断に任されているというのが実情です。(※災害時に、飼い主がペットを連れて安全に避難所まで避難すること)

避難所では数多くの方が身を寄せあい、暮らすことになります。
その中には動物が嫌いな方・アレルギーを持っている方もいるかもしれません。
また、ペットの鳴き声で赤ちゃんが泣き出してしまうなんてケースも容易に考えられるでしょう。

非常時はどうしても神経が尖っています。
余裕も不安も無く、心無い物言いで注意をされることも多いかもしれません。

 

家族のような存在であるペットが不必要な誹謗中傷を浴びないためにも、
飼い主である皆さんは平時から「もしも」の時のことを想像してください。
自分にとってはおバカで可愛い息子・娘でも、
他人から見ればただの迷惑で非常識な存在になることがあります。

受け容れ可能としていた避難所でも、
たった一人の飼い主さんがマナーを守らず室内を走り回らせたことでトラブルが生じ、
すべての飼い主さんがペットの持ち込みを禁止にされてしまったというケースもあるそうです。

そこで最後に、先ほどご紹介した普段からの備えも踏まえて
飼い主の心得3か条をまとめておきます。

 

飼い主の心得3か条

①平時からできる備え・最低限の躾・情報収集はおこなっておく。
②避難所では同行避難の受け入れが可能なのかどうかを確認する。
③できればその避難所に居るペットの飼い主さん同士でコミュニティを作り、
  窓口として話を出来る体制を整える。ペットの飼い主さんとそうではない方、
 お互いにより良い状態での共同生活ができるよう、お互いに歩み寄る姿勢を持ち、
 感情的にならずに話し合いをおこなえるようにする。
※ペット連れの方専用の避難所を設置する場合もあったりするようです。

 

心が苦しくなる時だからこそ、動物の持つ癒しの力が発揮されるとも考えられると思います。
可愛いわが子の存在を「ただの迷惑」と詰られるようにするのか、「いてくれてよかった」と言ってもらえるようにするのか。
大切な家族だからこそ、ペットを飼っている者の責任として最低限の備えと心構えはしておきましょう。

Pocket

人気の記事

Copyright © Bosai girl All rights reserved