もっと防災をオシャレでわかりやすく

続・家の備蓄を見直してみた(夫婦二人暮らし編)

こんにちは、おにーです!

年末に私が書いた「大掃除しながら家の備蓄を見直してみた(夫婦二人暮らし編)」、
あの中でいかに我が家が備えてるつもりで備えてないかが分かりまして・・・
あれからいろいろ揃えました!

今回は「我が家は夫婦2人分でこれだけ備えたよ!」という中身の大公開です。
自分なりに考えた工夫ポイントもありますのでよかったら参考にしてください^^

 

・・・とその前に。
すみません、焦らします。。

今回やってみて「防災は1日にしてならず」というのが身に沁みました。

リストにある物を全部買って終わり!というものではないんですね~。
まず必要そうなものを買ってみて、数か月後に見直して、アレンジを加えていく・・・
それを繰り返してずっと行動することが防災なんだと感じました。

これを見て、「ここにある物を買ったらOKなのね、よし!」と感じられるよりは、それぞれのご家庭に合った防災のヒントにしていただけたら嬉しいなと思います。

お待たせしました、それではいきます!

 

避難生活用と緊急持出袋を分ける

我が家は状況別に2つの鞄を用意しました。

1つは何かあった時にすぐ持っていくリュック。
最低限必要なものを入れて、テレビの後ろに置きました。
リビングに置いておけば、すぐ持ち出せる可能性が高いだろうと考えてのことです。
寝室もリビングのすぐ隣だし。

 

もう1つは避難生活に必要なものを入れたトランク。
こちらは避難所に行くか、自宅で避難生活を送るために必要なものが入っています。

そう、2人分とはいえかなりの量になる備蓄品は旅行用のトランクを使う事にしました。

これなら避難所への移動が必要な場合すぐに持っていくことができるし、何ならこれにペットボトルを入れて水を運んだりすることもできます。

旅行の時は備蓄品を出して、今までどおり旅行バックとして使います。
(旅先では、防災ポーチを持っていき備えます◎)

 

我が家、緊急持出袋にはこれを入れた!

ガッと持って逃げる用のリュックにはこんなものを入れました。

・手回しラジオ(携帯の充電もできる)
・懐中電灯
・ペットボトルの水 500ml×2
・アルファ米 ×2
・おかずの缶詰 ×2
・軍手
・ビニール袋
・タオル
・印鑑&通帳
・身分証明書のコピー
・運動靴(玄関までいけない事態に備えて)
・東京防災(次の行動を考えるのに使えそうだったので)

かなりたくさん入っているように見えると思いますが
大きさはこんな感じです。

image

女性の私でも、重いけど背負うことができます。
それをテレビと壁の隙間に設置!

image

家に居る時に揺れたらまず身を守って、揺れが収まって外に出る必要があったらこのリュックで行きます。

 

我が家、備蓄品はこれを入れた!

次にトランクです。
こっちは5日間自分で生きられるように考えて作りました。

image

まずは何といっても食べ物!!
お米!

image

夫婦2人、ほぼ5日分でこれです。
2人×3食×5日=30袋
たっぷりあるように見えるけどわずか5日・・・。
大事に食べないといけません。。

そしておかず

image

私のポイントはお味噌汁です。
お味噌汁はおにぎりと並ぶ日本人のソウルフード!
これがあれば気持ちも落ち着くはずと思って入れました。
お湯はアウトドアで使っている、ガスボンベで沸かすつもりです。

そして食器

image

洗い物がでないように基本的にはそのまま食べて
どうしてもお皿が必要な場合は、サランラップを巻いて使うつもりです。

それから食べる次に大事、衛生用品

image

・レジャーシート
・折りたたみスリッパ
・エアクッション、エア枕
・歯ブラシ
・水の要らないシャンプー
・手ピカジェル
・消毒液
・絆創膏、ガーゼ、包帯
・マスク
・生理用品
・紙パンツ
・携帯用トイレ
・アルミシート

自分の為にも周りの為にも、清潔さを保つのは大事です。
できるだけ自分のケアができるように気を配りました。

そして最後に、その他必要なもの!

image

・懐中電灯
・手回しラジオ
・電池の予備
・キャンドル
・チャッカマン
・ガムテープ
・軍手
・ビニール袋
・アルミホイル
・タオル
・ホッカイロ
・給水袋
・ペン

こう並べると「こんなにたくさん!?」と思われるかも知れませんが
小旅行用のトランク2つに収まっています。

image

1人1トランクのつもりで用意しました。

あ、それと最後に。
水は最低3箱は用意して1箱使ったら1箱補充してます。

image

 

我が家、そのほかの工夫!

どうしても食べるものが不安なので(←食いしん坊)
備蓄品のほかにこんなものも用意しました。

 

その1、自然解凍で食べられる冷凍食品

image

慣れない避難生活でちょっと濃いものが食べたくなるかもしれない・・・
と思って用意して見ました。

 

その2、野菜ジュース

image

ここまでの備蓄だとどうしても野菜が足りないので、そこは緊急処置としてジュースで補おうと考えました。
ジュースは他の備蓄品に比べて賞味期限が早いので、半年ごとに飲み切って買い替えようと思ってます。

 

ここまでやって・・・次に気になる事

よーし、備えについては結構やったぞ!と思ったら、次は別のことが気になってきました。

・そういえば冷蔵庫って倒れてこない?
・ブレーカーは地震が起きたら自動で落ちるかな?
・廊下にある納戸の扉が空いたら中身が出てきて廊下がふさがる
・津波は来ないと思うけど、近所の川は氾濫しない?

・・・ということでやってみて分かったのは、最初に書いた通り
「災害対策はまだまだ続く」ということでした。
んん~、、、奥深い。

でも大丈夫。
ここまでやったらなんか楽しくなってきました(笑)
こうなったらやるだけやりたい^0^;

そんな訳なので、あんまり対策してない・・・という方も
難しく考えずに出来ることからぜひやってみてください。
1つやると他のことに気づいて、また1つやると他のことに気づいて、
それを繰り返していくうちにだんだん備えられるようになるのだと思います。

一緒に防災レベルを上げていきましょう!

Pocket

人気の記事

Copyright © Bosai girl All rights reserved