津波が来たら鎌倉ってどうなるの?津波避難ビル登ってみた

こんにちは、おにーです!

始まりは、代表の田中美咲さんから教えてもらった1本の動画でした。
「おにさん、これ知ってます?」「え、知らない。なんですか?」

 

え!なにこれ、ものすごく怖い!!!

キャプチャ

これは八幡様の一の鳥居じゃないの・・・。
こんなに勢いよく津波が押し寄せるなんて!!!

鎌倉はよく遊びに行くし、時には海でのんびり過ごします。
もしそんなときに地震がきて、津波がくるとなったら、
果たしてちゃんと逃げられるのかしら・・・!

という訳で、鎌倉の津波対策を体感しに出かけました。
いざ鎌倉。

 

まずはハザードマップを確認してみる

なにはともあれ、まずはハザードマップです。
鎌倉市が公表している津波ハザードマップを確認しました。

下の図はそこからの引用です。
鎌倉駅から大通りに出て海に向けてまっすぐ歩くとこのあたりに出ます。
滑川河口の近くです。

キャプチャ

動画見て分かってたけど・・・ほんとに一帯危ないのね・・・

この地図によると一番近い避難ビルは鎌倉市消防本部だと分かりました。

image

確かに避難ビルの案内もありました。

image

 

避難ビルに登ってみる!

災害時はどこから登るのかなぁ・・・平時は入れないのかなぁ・・・
と、しばらくウロウロして、近くにいた消防士さんに声を掛けました。
「あのー、津波の時を想定して避難してみたいんですけど、できますか?」

「あぁ、できますよ。どうぞ」

 

予想以上にあっさりと案内してくださいました!声かけて良かった!

裏口のドアから入って

image

案内されたとおりに階段を上り、

image

屋上に到着ー!!!

image

image

こうしてみると、この消防署以外は低い建物ばかりです。
もしあの動画のような津波がきたら・・・このあたりは全部水に飲まれるんだろうな。
改めてそう考えるとゾッとしました。

 

「この建物は何メートルあるんですか?」

「この屋上で15メートルで、ここの海抜は6メートルです」

ということは21メートル。

ハザードマップによると浸水予想は8メートル未満なので
屋上まで逃げられれば大丈夫そうですね。

 

念のためもう一か所探してみた

とは言え、必ずここに逃げられるとも限りません。
夏で海水浴客が多いかもしれないし近隣の人が大勢押し寄せるかもしれないし。

そんなときのために、念のためもう一か所、避難ビルを探してみました。
そして見つけたのが、パークハウス鎌倉若宮大路。

image

避難ビルのマークもありました。

image

どうやらここは、避難用の階段があるらしくて、
緊急時にはこの鍵を壊して階段が上がれるようでした。

image

 

8分以内に逃げるために

鎌倉市の動画によると地震から8分以内に逃げることを勧めていて、
仮に、揺れが収まるまで4分かかるとすると、実質4分で逃げなければなりません。

おそらく、考えたり調べたりしている時間はないでしょう。
その場ですぐ判断して動き出さないといけません。

そのためにも今回のようにいろんな場所から「いま地震が起きたらどう逃げる?」
と考える必要があるなと思いました。

みなさまも近所の海やよく遊びに行く海について調べてみてはいかがでしょうか!

Pocket

人気の記事

Copyright c Bosai girl All rights reserved