もっと防災をオシャレでわかりやすく

知ってる??防災専門図書館!

こんにちは、おに~です!

この前、知り合いの方からユニークな場所を教えてもらいました。

その名も・・・
防災専門図書館!!!

一体どんな施設なのでしょうか・・・?
早速行ってきました!

image

 

手作りの企画展と親切な司書の方々

とってもキレイなエントランスを抜けてビルの8階へ・・・
私が行った時は「東日本大震災から5年」という企画展を開催されていて、廊下にはこの掲示がありました。

image

これは震災直後に発行した石巻日日新聞号外の”手書き壁新聞”です。
読んでいると当時の混乱した様子が生々しく伝わってきて胸が締め付けられました。
しばらく見入っていると司書の方が声をかけてくださり、展示について詳しく解説をしてくれました。

image

こんなにも広い範囲でこんなにたくさんの地震が起きたんだ・・・。
もちろん頭では分かってましたが、こうして大きな地図で目にすると改めて衝撃を受けました。
企画展では、特に宮城県女川町のことを取り上げていました。
おに~「どうして女川を掘り下げたのですか?」
司書さん「こちらのグラフにもある通り、亡くなられた方の割合が人口に対して一番高い街が女川なんですよ」

おっしゃる通り、人口に対して亡くなった方の割合を出した棒グラフが展示されていて、その中で女川は一番高い数字なのでした。

おに~「知りませんでした・・・。こうしてグラフでみると分かりやすいですね」
司書さん「関連するデータ資料から数字を出して私たちが作ったグラフなんです」

なんとグラフは司書さんたちの手作りでした。

確かに、防災関連の資料は難しくて細かくて読むのはかなり難しいもの。
それを読み解いて図やグラフにしてある上に、いろいろなところから参照したデータを組み合わせて展示してあったので、とても分かりやすく感じました。

そしてなによりすべての資料から、作った方たちの「知って欲しい」という気持ちをひしひしと伝わりました。
そんな温かい想いを受けたことと、当時のことを思い出したのとで、見ていると目の奥が熱くなりました。

来場者に合わせて本をおすすめしてくれる

司書さん「ご来館された方のご要望に応じて必要な本を紹介しています。もっと詳しい資料が必要な方には専門書をおすすめしますよ」
おに〜「それでは入門編というか、初心者でも分かりやすい防災の本を教えていただけますか?」

すると、お二人の司書さんが瞬く間に本を集めてくださいました。

image

左から順に

人が死なない防災

小中学生が自主的に避難して助かった「釜石の奇跡」を支えた群馬大学片田先生の著書です。
 

 

もし、1日前に戻れたら・・・

http://www.bousai.go.jp/kyoiku/keigen/ichinitimae/index.html
内閣府が東日本大震災の前から取り組んでいる被災者の声をまとめるプロジェクト。
現在はWEBで全ページ見ることができます。
 

生き抜くための災害料理43

コンビニにあるもので料理してみようという本。カールでトルティーヤを作る方法などが載っています。
 

 

首都大地震ゆれやすさマップ

その場所の地盤が何なのか、揺れやすいかどうかを解説した地図。
かなり細かく分かれているので「自分の家の地盤はどんな状態なんだろう?」と調べることができます。
 

 

近助の精神

自助と共助の間として「近くの人達で助け合おう」という考え方について書かれています。
 

 

さすが、見事にいろんな目線での入門書を選んでいただきました!
防災ってなんだろう?ということを改めて見直した上で、食べる、住む、助け合うということを学べそうです。

貸し出しは市の職員の方などに限られていて、私のような一般人は出来ないのですが、そちらを考慮して普通の図書館で借りられるような本をお勧めしてくれるのでご安心を。

 

大切なのは知識を身に着けること

今回お話を伺った中で印象に残った司書の方の言葉をご紹介します。

「助かるか助からないか、これはもう最終的には誰にも分かりません。
でも、一瞬の判断をよりよいものにするために知識が必要なんです。
一人一人が自分に必要な知識を持っているかが大切だと思います」

展示を見ながら説明していただいて、本当にその通りだと感じました。
もっともっと知識を身に着けて、「今起きたら自分はどうするか」を考えられるようになりたいです。

こちらの防災図書館はそんな風に「防災について調べたい、詳しくなりたい」という時に相談すると心強い味方になってくれるはずです。
気軽にふらりと立ち寄るだけでも親切な司書の方達がいろいろ教えてくれますよ。
お近くに寄った際にぜひ行ってみてください。

 

 

防災専門図書館

http://www.city-net.or.jp/library/
・東京都千代田区平河町2-4-1 日本都市センター会館内
・開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
・休館日:土曜日、日曜日、国民の祝日、年末・年始、館内整理日
・入館料:無料
・アクセス:
    東京メトロ 有楽町線 麹町駅より徒歩約4分
    東京メトロ 有楽町線・半蔵門線・南北線 永田町駅より徒歩約4分
    東京メトロ 丸の内線・銀座線 赤坂見附駅より徒歩約8分
    JR中央線 四ッ谷駅より徒歩約14分

Pocket

人気の記事

Copyright © Bosai girl All rights reserved