もっと防災をオシャレでわかりやすく

美容・健康を保つ備蓄食とは

災害時も健康で美容も大切にしたい女性は多いのではないでしょうか?

非常食を多く備えていても、栄養が偏っていたら肌荒れや便秘など体調不良になります。
このようなときに頼りになるのが、ドライフルーツ
もともとドライフルーツは保存食として作られた歴史があります。
ドライフルーツは様々な種類があり栄養がしっかりとれるだけでなく、消費期限も長く備蓄するのに最適です。

そこで今回は非常時でもビタミンやミネラルなどの栄養をとるために、オススメのドライフルーツを紹介したいと思います!

 

プルーン

プルーンは食物繊維、ビタミンB6、カリウムが豊富。鉄分はほうれん草と同じくらいと言われていて、貧血対策にも良いですよ〜!
ちなみにプルーンは種なしと種ありがありますが、種なしのほうがゴミがでないので備蓄にはこちらをおすすめします(^o^)

 

マンゴー

世界三大果物の1つでもあるマンゴーは食物繊維はもちろん、ビタミンA、ビタミンC、Bカロチン、鉄分が豊富。
皮膚や粘膜を守ってくれたり、貧血、エイジングケアにいいです!
ドライマンゴーは水分が減っている分、グラムあたりの栄養は生のマンゴーよりも凝縮されていて、効率的に栄養がとれます♪

 

りんご

1日一個のりんごで医者いらずとよく言われるぐら栄養がつまったりんご。
食物繊維、ビタミンC、ミネラル、ポリフェノール、クエン酸などが豊富。
肌荒れや疲労回復の効果があり、疲れが出てくる災害時にはぴったりですね!

 

 

今回紹介したもの以外にも、たくさんのドライフルーツが存在します。
効果は種類によって異なるため、調べてみると面白いですよ〜!
私はドライフルーツを普段食べつつ無くなる前に補充するローリングストック法を行っています!
食べ物は消費期限があるため、いつの間にか期限が切れていて無駄になることがないように、ローリングストック法をオススメします。

ぜひ皆さんの備蓄食の栄養バランスをもう一度確認してみて下さいね!

Pocket

人気の記事

Copyright © Bosai girl All rights reserved