もっと防災をオシャレでわかりやすく

熊本地震、日本にいた外国人旅行者の反応は?

まさまな観光地があり、山の幸海の幸と美味しいものもたくさんあって、外国からの観光客にも人気な九州。
国土交通省九州運輸局によると、九州の2015年年間外国人入国者数は283万人強。
2015年の年間訪日外国人数が2000万人弱なので、なんと外国人観光客全体のおよそ10%強が九州から入国しているのだそう…。

2016年4 月 、熊本や大分で震度6や7を観測した「熊本地震」。もちろんこの時期に多くの訪日外国人観光客も日本を訪れていました。
「熊本地震」発災時、日本を訪れていた外国人観光客のかたに対しての災害対応はどのようにおこなわれていたのでしょうか。

避難行動の調査結果が発表されました

熊本地震で被災した訪日外国人旅行者が「どのような避難行動をとったか」「避難時に困ったことは何か」を、株式会社サーベイリサーチセンターが調査を実施し、その結果が発表されました。

 

地震…でもどうすればいいのかわからない!

w

多くのかたが困ったと答えたのは、外国人向けの避難マニュアルがなく、どうすればいいのかわからなかったこと。

ほかには、テレビなど情報が理解できないため、どのような行動をすればいいのかわからず戸惑われたかたが多いようです。

発災直後、Twitterやラジオなど、さまざまな情報発信がなされましたが、多国籍の情報発信という点では大々的なされていないのが現状だということがわかります。

 

言葉の壁…避難誘導やサインの多言語化が望まれます!

s

やはり多くのかたが望んでいたのは、母国語のマニュアル。地震を経験したことないかたもいるなかで、どう避難してなにをすればいいのか戸惑われたかたも多いようです。また避難誘導を多言語でしてほしいという意見も多くの方が希望しています。

 

外国のかたを災害弱者にさせないために―

わたしたちのまわりには、海外からの観光客をはじめ、日本に住んでいる外国のかたもいらっしゃいます。
言葉や文化を壁にせず、外国のかたを弱者にさせないよう、みんなで理解して「生き抜いて」いくための備えが必要ですね。

■誰にでもできること:

・簡単な英語を覚えてみる

外国のかたのなかには、地震そのものを理解できないひとや、地震や揺れに慣れておらずパニックを起こすひとがいるがいるかもしれません。そんなときにふと一言がかけられるようにほんの少しの簡単な英語を覚えてみませんか。

地震 earthquake(アース・クウェイク)
身を守ってください Protect yourself. (プロテクトユアセルフ)
動かないでください Don’t move. (ドント ムーヴ)
私についてきて下さい Follow me. (フォロウ ミー)
ここで待ってて下さい Wait here . (ウェイト ヒア)

 

・災害時外国人支援サポーター養成講座を受けてみる

各地の国際交流協会が主催する、外国人向け災害ボランティアの講習会が各地で開催されています。
語学に自信があるひとはもちろん、そうでない人にも役に立つ講習会です。近くの国際交流協会で実施されていないかチェックしてみましょう。

・外国人向けの情報源を知っておく

正しい情報がわからず困っているかたに、さっと教えてあげたい情報サイトです。
■ 観光庁災害時情報提供ポータルサイト「Safety tips for travelers」
http://www.jnto.go.jp/safety-tips/pc/
■ 内閣府防災情報のページ
http://www.bousai.go.jp/index.html
■ NHKワールド(NHK WORLD)
http://www.nhk.or.jp/nhkworld/
NHKワールドのニュースや番組は、パソコンやスマートフォンで視聴することがきます。
■ NHKワールド TV  英語ニュース(NHK WORLD TV Latest News)
http://www.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/
■ NHKワールド  ラジオ日本(NHK WORLD RADIO JAPAN)
http://www.nhk.or.jp/nhkworld/radio/

■観光にたずさわっているかた:

・案内図をピクトグラム化する

(防災ガールのこちらの記事をご参考にどうぞ!)

ついに全国標準化!? 防災のピクトグラムが刷新

・マニュアルをつくる

こちらは東京都による外国人対応マニュアル。イラスト付き、実例付き、音声例付きと、このまま採用できる内容です。

→ http://www.gotokyo.org/jp/administration/h24/saigaiji.html

外国のかたを災害弱者とさせないために。できることから進めていきましょう。

Pocket

人気の記事

Copyright © Bosai girl All rights reserved