防災ガール総会を開催!

 

2016年7月2日、防災ガールの総会を開催しました!

普段は全国各地で活動している防災ガール&ボーイなのですが、半期に一度全員で顔を合わせてワイワイと団体のこと考えてみようよ!ということで企画されました。

image

普段からFacebookメッセンジャーでやり取りをしているから名前は知っているのですが、実際話してみるとまた新鮮!
自己紹介で住んでる地域を言い合うと「ここ(池袋)から歩いて5分くらいです」の人から「京都です」の人まで様々でした。中には関西からヒッチハイクで駆け付けた人も・・・猛者!!

image

まずは防災ガールのこれまでと、各チームの前期の活動を改めておさらい!
団体がどんなことを目指しているかの確認から、各チームがどんな動きをしているかまで共有しあいました。
みんな、この3ヶ月がんばったね!うんうん!

続いてはこれからの防災ガールについてを考えるグループワーク。
これは各チームでそれぞれ意見を出し合って共有しました。
所属しているチームによって感じている課題も違うようで、他の人の意見を聞くのは刺激的でした!

image

 

ここでお昼休みを挟んで、午後は実習!
実は普段メンバーから「もっと防災のスキルを磨きたい!」という声もあり、人事管理チームがこの機会に学びの場を企画してくれたのです。

まずは心肺蘇生法を池袋消防署の方に監修していただきながら学びました!
いわゆる心臓マッサージとAEDの使い方。

image

なんと2016年7月1日、つまり総会の前日にガイドラインが変わったそうで、この日は最新のやり方を学ぶことができました。

変更点としては、
・最初の「だいじょうぶですか?」
片方の肩⇒両肩(半身マヒの方もいるから)
・119番
(記載なし)⇒119番通報では、救急車の要請だけではなく、助言や指導を仰ぐことができるように
・胸骨圧迫のテンポ
1分100回⇒100回〜120回
・人工呼吸
30回の圧迫ごと人工呼吸⇒任意。訓練された者がその技術と意思があれば行う

など、確かに私が高校時代に学校で習ったやり方とはいろいろ違っていました・・・。

image

心臓マッサージは、久しぶりにやってみると・・・「こんなに力が必要だったっけ!?」ってくらい結構きつい!!でも、医療現場でも人を救うための手段として心臓マッサージはとても重要なのだとか。
実際やってみないとコツはつかめないので、年に1度とか自分で決めて定期的に学びなおす必要があるなと感じました。
いざという時に誰かを助けるために・・・!

続いてはHUGというゲーム。
これは避難所(H)運営(U)ゲーム(G)の略で、その名の通り避難所運営を体験できるカードゲームです。
実は前から「災害時に避難所運営してくれって言われてもやったことないし、どうするんだろう?」と思っていたのでこれはワクワクしながら取り組みました!

image

こんな風にいろんな事情を抱えた人たちが避難してくるのをどこに案内するか考えたり、
たまに出てくるイベント(物資の提供や取材の依頼など)にどう対応するかみんなで相談しながら進めます。

image

最初はよかれと思って対応したことが後から問題点になってきたりして、なかなか難しかったです!
実際の避難所運営もきっとこういうことの連続なんだろうなぁ・・・。
ぜひ地域でやってみたいなと思いました。
※HUGは購入することができます。詳しくはこちらをどうぞ!
続いて、防災ガールの監事・アドバイザーである兵庫県立大学の木村玲欧准教授から、防災心理学についてや、これまでの災害の歴史をふまえ、どう立ち向かっていくのかについて教えていただきました。

あ

みんな熱心にメモを取りながら学びました。

最後に株式会社フロムハートさまからご提供いただいた非常食をみんなでいただきました!
(私の家の非常食はほとんどこれです。お世話になってます!)

DSC00464

どれにしようかな♪♪

DSC00494

これにしまーーす!ドライカレー!

DSC00485

お湯を注いで20分待つだけ!うまし!!
研修後のペコペコなお腹を満たすことができました。

 

みんなで防災への意識を高められた良い一日になりました。

こうして総会が開催できたのも、ご協力いただいた木村先生や株式会社フロムハート様、それにこれまで応援してくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

これからも防災をおしゃれでわかりやすくするために、メンバー一同頑張ります!!

Pocket

人気の記事

Copyright c Bosai girl All rights reserved