もっと防災をオシャレでわかりやすく

暑さ指数(WBGT)を知って熱中症とは無縁の生活を!

夏のこの時期で怖いものの一つとして熱中症があります。総務省消防庁の報告によると、昨年5月~9月までの5か月で、105人もの方が全国で亡くなっております。
誰しもがかかる可能性がある熱中症、場合によっては命にもかかわります。
みなさんはそんな熱中症を発症することなく、楽しい夏休みを過ごしたいですよね??
この記事を読めばきっと熱中症と無縁な夏休みを過ごすことができるかも…!

熱中症には暑さ指数(WBGT)が関係している??

皆さん、暑さ指数(WBGT)を知ってますか?
暑さ指数とは、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。その値は気温とは異なり、暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとりに着目した指標となっています。なんだかわかるようでわかりにくいですね…笑
つまり、夏などの酷暑の環境下で、人が行動する際に伴うリスクを判断するための指標です。 日々の情報発信の中でも、最高気温だけでなく、WBGT・暑さ指数を参考にすることで、より的確な熱中症予防情報を提供できます。
以下の表には、暑さ指数ごとの危険度の度合いと、そのときの注意事項が載っているので、そちらを見てみましょう!

あ

 

い(引用元:環境省 熱中症予防情報サイト

これを見ると暑さ指数が31℃以上の場合は危険となっています。気温だけでは熱中症の危険性がどれだけあるか、またその対処法がわかりませんが、暑さ指数を見ればそれが一目でわかります!

早速暑さ指数を確認してみよう!

夏といったら高校野球!ということで、炎天下の中で戦う高校球児達の体が心配…。
なので、暑さ指数を確認してみました!暑さ指数は環境省の熱中症予防情報サイトで確認することができます。

う

この画面で、自分が確認したい地域を選択します。今回は東京を調べてみました。

え(引用元:環境省 熱中症予防情報サイト

7月18日海の日の暑さ指数は予想で最高30℃のようです(;´・ω・)
これは「厳重警戒」のレベル。運動をする場合は頻繁に水分・塩分補給が必要です。高校球児達には頑張ってもらいたい反面、熱中症にならないか心配ですね…。

せっかくのいい天気なのでちょっとサイクリングでもしようと思っていた私ですが、外出時の炎天下は避けたほうが良さそうだったため、代わりにヒトカラ(涼しい室内)に行くことにしました!笑

これで熱中症の危険から身を守ろう!

実際に暑さ指数を調べてみましたが、けっこう参考になりそうですね!住宅地やバス停、子供目線での暑さ指数も調べられるので、その時々の状況に合わせて使えます(^^)
しかし、暑さ指数をチェックし、しっかりと熱中症対策を取っていたつもりでも、そのときの体調等によっては熱中症にかかってしまうこともあります。

そんな時には以下のこと等を行いましょう!

(1) 涼しい環境への避難
・風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内などに避難しましょう。

(2) 脱衣と冷却
・衣服を脱ぎ、体から熱の放散を助けます。きついベルトやネクタイ、下着はゆるめて風通しを良くします。
・氷のうなどがあれば、それを前頚部の両脇、腋窩部(脇の下)、鼠径部(大腿の付け根の前面、股関節部)に当てて冷やすことも有効です。
(3) 水分・塩分の補給
・水分と塩分を意識的にとりましょう。
まだまだ暑い日は続きます。熱中症なんて自分には関係ないなどとは思わず、しっかりとした熱中症対策を行い、楽しい夏を過ごしましょう!!

Pocket

人気の記事

Copyright © Bosai girl All rights reserved