地元の子どもたちとオレンジフラッグ試してみた @ 高知

名称未設定 1

オレンジは津波防災の色。#beORANGE高知チームのひろとみさきちです!

8月13日(土)に、地元の子ども達を対象にした防災キャンプが開催され、そこでオレンジフラッグ活用した訓練もしていただきました!

#beORANGE高知では、地元の自主防災組織の方々や中学校、企業のみなさんがあつまったKOCHI防災危機管理展、そして大学生など様々なセクターがあつまって「実行委員会」を結成し運営しています。

そのメンバーでもある自主防災組織川上さんが準備・実施をしてくださりました!

 

実際にやってみたからこそ解った死角

学校東側より

小学校の屋上に設置したところ、屋上からは周囲から見えると思ったところも、下からは意外と死角が多いことも分かり、設置場所を検討していく必要を感じました。

避難路10より (3)

 

参加した子どもたちからの声

参加された皆さんからは、

「意外とオレンジが映えて目立っている」

「オレンジの旗を目印にするのはいい考えだと思う」

などの嬉しいご感想もいただきました。

 

検証の機会を繰り返し、少しでも見やすい設置場所を考えるとともに、その度に、より多くの皆さんにオレンジフラッグの意味を伝えていきたいと思います!

 

最新情報はプロジェクト情報はこちらからチェックしてください!

Webページ:http://beorange.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/hashbeorange/
twitter:https://twitter.com/hashbeorange
instagram:https://www.instagram.com/beorange1105/

みなさんも一緒に仲間になって防災を広めて行きましょう!

Pocket

人気の記事

Copyright c Bosai girl All rights reserved