もっと防災をオシャレでわかりやすく

熊本地震に向けてただの女の子が出来たこと[活動総まとめ]

第4回の熊本支援に来ています、防災ガール代表の田中美咲です。
この度の熊本地震によりお亡くなりになられた方々、ご遺族の皆様に対し謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

そして、私たちは同じことを繰り返さないためにも日本、さらには世界中に防災を広めることに努めてまいります。

 

全4回の活動まとめ

2016年4月14日21時26分頃、熊本県で最大震度7の地震が発生しました。震源地は熊本地方で、最大震度6弱の大きな余震も連続して記録され、今もなお余震が続いています。

南海トラフや首都直下地震に注目が集まる中での熊本での巨大地震は準備不足と想定外が重なり、多くの被害がありました。
この全4回の熊本支援は、多くの方々より活動支援金を託していただいたからこそ実現できました。支援してくださった皆様に、感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

地震の発生後継続的におこなってきた支援について、それぞれの細かな活動内容や状況は以下ひとつずつの記事をご覧ください。支援に行く度にリアルタイムでまとめている情報ばかりですので、時系列的な鮮度の高いものになっているかと思います。
今回の記事では、活動支援金を活用した全4回の熊本支援全体の流れや状況などをお伝えし、総まとめとさせていただこうとおもいます。

 

全4回の熊本支援の流れ

第0回 4/14-16 | 震災当日・直後
SNSや現地メンバーからの情報収集により速報としてのレポート掲載

第1回 4/27-5/1 | 震災から1~2週間
特に女性、子ども向けの物資支援

第2回 5/28-5/31 | 震災から1ヶ月半
長期避難を余儀なくされた方向けの健康食・ドリンクバーの支援

第3回 7/27-7/29 | 震災から3ヶ月
被災されたお祭りの復興と宿の広報支援

第4回 9/16-9/19 | 震災から5ヶ月
公的支援では行き届かない部分の支援とその広報支援、総括

 

熊本支援レポート一覧

私たちは第1回の熊本支援から計11記事、そしてここから第4回目の支援に行ったメンバー全員からのレポートを含めると計23記事をアップいたしました。

災害のフェーズが次々と変わる被災地域の現状を伝えることとともに、ニュースなどにはなりにくい一人一人の声を発信したい、これから被災する可能性のある他の地域の人が自分ごとのようにみてもらえるようなものにしたいという想いをもとに、現地に足を運ぶからこそ伝えられるリアルな「今」を発信しようと試みてきました。

 

熊本地震に向けてただの女の子が出来る事

熊本地震の経験者が語る、震災直後に困ったこと3つ

熊本地震から一週間、生き抜いた命を生かしたい。

防災ガール第一弾熊本支援レポート(4/27-5/1)

【熊本支援】第2弾を実施します

防災ガール第二弾熊本支援レポート(5/28-5/31)

防災ガール第三弾熊本支援速報レポート(7/27~7/29)

【熊本のいま vol.1】災害の度によみがえる宿〜 “蘇山郷”館主永田祐介氏インタビュー~

【熊本のいま vol.2】自然の恵みへの感謝、日本の原風景がここに~御田祭~

【熊本のいま vol.3】神に祈りを自然の恵みに感謝を〜 阿蘇神社権禰宜 内村 泰彰氏インタビュー~

防災ガール第三弾熊本支援レポート (7/27-7/29)

 

活動支援金・物資を託してくださった皆様(敬称略)

今回の活動を支援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

支援金の提供をしてくださった皆様(敬称略)
孫 泰蔵、ナカジマカツヒコ、ツカダユウコ、有限会社プラスチャーミング
長谷部美紅、岡田昭彦、北川美代子、高梨恭子
特定非営利活動法人ETIC、コウノフミトシ、エイティワンジャパン
マツモトカナ、キタノマサル、今村顕子、太田貴代美
藤原育菜、タカシマアイコ、コウチマサキ、東さくら
立花直樹、田島なな・みな、広島綾子
シンジョウケンイチ、ミヤガキトシヤ、イナガキサトシ
モチヅキユカ、タケウチアスカ、ヒキタカオリ、ナガサキタイチ

 

物資の提供をしてくださった皆様
TABEL株式会社、ナオライ株式会社、一般社団法人Mealink、株式会社and.、小池亮介

 

活動支援金活用の内訳
活動支援金は総額1,399,000円が集まりました。当初はさらに、金額には見えない部分でも全4回の現地入りとそこに向けての全国のメンバーでの準備・調査、そして現地での滞在において無償で宿泊させてくださった方々や、「ボランティアありがとう、大変なのはお互い様だよ」とスイカやおにぎりをわけてくださった被災された方々のお心添えや力があってこそ成り立った支援となっております。

活動支援金総額1,399,000円
支援物資代  計448,404
活動するために必要な活動費 計950,596
残額 0円 / その他足りなかった資金は団体・個人より支払い

 

全4回の熊本支援活動を終了いたします

この記事のタイトルにもあるように、「総まとめ」としていることからお気づきの方もいらっしゃるかとはおもいますが、本日をもって、一般社団法人防災ガールとしての全4回の熊本支援活動を終了いたします。

多くの皆様に震災直後に活動支援金を託していただき、私たちは全国からメンバーを収集し、「今できること」「私たちがやるべきこと」を毎度試行錯誤しながら支援を続けさせていただきました。そしてこの度活動支援金全額を活用し終え、団体としての支援活動をいったん終了することをご報告いたします。

それは同時に、それぞれのメンバーが個々に熊本の方々とつながり、団体としての活動以上に個人として動き始め、場所と役割を超えたことを意味します。これからは、団体の枠を超えて、熊本の復興を応援していくとともに、次の災害にむけて、より一層防災の普及啓発に注力し、また次の被害があればそこにむけて対策を考え動いていきます。

 

改めてですが、まだまだ力不足、経験不足で微力であるわたしたちに、「それでも何かやってくれるだろう」というお心で寄付をしてくださったたくさんの方々に、本当に感謝してもしきれない想いでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 

そして、熊本の一日も早い復旧と、被災された皆様が平穏な日々を取り戻せることを願っています。団体の活動はいったん終了とはいえ、継続的に私たちも取り組んでいきたいと考えています。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

Pocket

人気の記事

Copyright © Bosai girl All rights reserved