もっと防災をオシャレでわかりやすく

“恋ダンス”に登場の本型ライトは、スマホ充電もできる防災インテリアだった

こんにちは。防災ガールのまなみです。

私、いま猛烈にハマっているドラマがあります。それは新垣結衣さん主演の「逃げるは恥だが役に立つ」。
まず、ガッキーが可愛い。そして、星野源さん演じる平匡さんが可愛い。
毎回毎回何か変化が起こる。ドキドキハラハラな展開に目が離せず、録画したものを次の週までの間に10回以上見てしまいます。

「逃げ恥」で話題となっているものといえば、そのムズキュンでジェットコースターのような内容とともに、
星野源さんの「恋」にあわせて躍る、”恋ダンス”です。

ドラマ出演者が踊るというちょっと変わったエンドロールで、このダンスをコピーしてインターネットにアップするかたも増えています。
(最近の放送回では驚きのラストとともにこの恋ダンスが流れるため、「平匡、踊っている場合じゃない」というTwitterではツッコミも聞かれているとか)

 

平匡が、ペラペラっとめくっているアレは何!?

この恋ダンスのVTRでずっと気になっていたことがあります。
「営みの街が暮れたら色めき〜」で、平匡さんがペラっとめくっている本型のランプ。

 

 

そう、こちらです!

sub2

 

変わったライトだなあと思いませんか?
暗い部屋を一瞬で灯すランプは、歌詞の「色めき」という言葉や、「津崎平匡」という登場人物の背景にかけているのだろうと推測されますが、
閉じているときは木製の表紙が美しいハードカバーの本に見え、本をめくる要領で開くことでランプになる珍しいつくりになっています。

…そこでランプの正体を調べてみました!

こちらのランプは、「Lumio sf(ルミオエスエフ)」という商品!!
フレキシブルに使うことができる画期的なライトです。

「Lumio sf」について調べてみたら…緊急時に役立つことが判明

この「Lumio sf(ルミオエスエフ)」は、サンフランシスコを拠点に活躍するデザイナーが折り紙の機能的な可能性に感銘を受け、フレキシブルな照明を作りたいという思いから誕生したそう。表紙の木目も美しく、照明として使わないときもインテリアとして使えそう。日本の繊細なデザインと、綿密なつくりが融合したランプなのです。

sub1

 

防災ガールとしてどうしても気になるのはその仕様ですが、
こちらは充電式なので、手軽に持ち運べて好きな場所で使うことができます。
まるで本のページを捲るように表紙を開くと、自動的に電源が入り、ライトが点灯。表紙を閉じれば消灯する仕組み。
さらに表紙を開く角度を調節することで調光を行えます。

 

sub3

 

スイッチやダイヤルを一切つかうことなく、自然な動作で照明の操作をすべて行えるという画期的なつくり。フル充電でライトは約8時間点灯可能なので停電が起きても、ひと晩はつけっぱなしでも過ごせそうですね。

半透明のプリーツ状の照明部分は、丈夫で耐水性の高い素材を使用しているので、アウトドアにもばっちり。

 

さらに驚きなのは、フル充電時にはスマートフォンの充電が可能で、モバイル機器への充電中も照明として使用可能なのです。

これなら何か停電が起きても、充電器としてしばらく情報収集するのに役立ちそうです。
まさに防災グッズになりうる仕様!!

 

Lumio Intro Video from Lumio on Vimeo.

 

防災のために何かするというのはなかなかハードルが高いものですが、ふとインテリアを選ぶときに、これは防災にでも使えるかもしれないという視点で見てみると、いろいろな可能性がみえてきます。
ムリなく、まずできるところから。

―防災にも役に立ちそうだから
そんな想いを込めて、大切なひとへのクリスマスのプレゼントにもぴったりかもしれませんね。

 

▶購入はこちらから
http://www.arktrading.jp/lumiosf

 

 

 

ちなみに逃げ恥は、
いまなら二週間無料お試しで全話ご覧いただけますので、ぜひ(宣伝)
https://tod.tbs.co.jp/program/12445

Pocket

人気の記事

Copyright © Bosai girl All rights reserved