<2017年>明けましておめでとうございます!

%e3%81%82%e3%81%91%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%82%81%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%a8%e3%81%86

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
一般社団法人防災ガール代表理事を務めさせていただいております、田中美咲と申します。

昨年は、自分たちができること求めていただいていることにお受けするべく、一つ一つご依頼をお受けしてきたところから一変、自分たちの事業に集中した一年となり、その分内部のメンバーのスキルアップやリソースのシェアなど、力を内からつけていく一年になりました!

2016年もたくさんの出会いに支えられました

事務局の中西須瑞化ちゃんを筆頭に、「人事管理チーム」という内部の運営と入会してくれる新メンバーむけの研修制度などを整えるチームを設けたことで、1年を通した新メンバーの加入も多く、ひとりひとりが横連携することが増え、さらには各個人の強みや弱みを理解した運営ができはじめているとおもいます。

そして、熊本地震も大きなきっかけとなりました。熊本支援へ有志で何度か伺わせていただく中でたくさんの熊本の方々と出会い、「支援者・被災者」という枠組みでの関わりではなく、これからもコラボレーションができる戦友のような、大切な仲間ができました。(阿蘇にも秘密基地ができるほど!)

出会いはこれだけにとどまらず、皆さんもご存知のようについに事務局の筒木愛美ちゃんがリーダーとなって運営する「情報発信チーム」の快挙ともいうべき、facebookのフォロワー数は8000いいね!を越え、私たちのプロジェクトに関するツイートが1.8万リツイートを越え60万人の方々にご覧いただくことになり、さらにはそれをネタにニュースにしてくださる番組もでてきました。

やはり私たち防災ガールは「出会い」「人」に本当に恵まれていて、それなしにはここまでこれなかった団体だなと思います。

事業内容も選択と集中、自己実現へ

1年前から力を入れてつくりあげてきた「次世代版避難訓練LUDUSOS」が企業や行政の方に注目していただき依頼をお受けすることが多く、内容も都度ブラッシュアップすることで完成度の高い事業に成長しました。今年早めの時期にでも、多くの方がこのコンテンツを利用できるような仕掛けを準備しております!ご期待ください!

さらには何を隠そう大きな変化といったら「オレンジは津波防災の色。 #beORANGE」が始まったことだと言えます。日本財団さんの多大なるご協力のもと共催という形で全国の沿岸部に津波が来た時の避難の合図として”オレンジフラッグ”を掲げるというもので、高知・愛知・静岡で実施させていただき全国73市町村165本を設置することができました。ここにもたくさんの方々の応援ご尽力あって実現しております。

国際航業様や、LIBRO様、RESQUAD様をはじめメンバーがコラボしたいとおもっていた企業とのコラボを実現することもでき、防災ガールという団体としてもそうですが、メンバー個々人の自己実現にも繋がった1年でした。

2017年は防災を次のフェーズへもっていきます

関係各所にはちょちょいと小出しにさせていただいておりますが、防災ガールは2017年(特に法人化して3年目を迎える3/11から)は大きく変化をします。
ただ発表にはもう少しお待ちいただければと思います・・・(にやにや)

防災ガールが2013年に設立してからもう4年。
法人化してからはもう丸2年、今年の3/11には3年目を迎えます。

活動をする中で、何度も事務局メンバーと合宿を重ねて気づいたのは、正直に申し上げてしまうと、時代と共に防災グッズや避難訓練に工夫を凝らす企業や行政は増えてきたけれどその根底となっている概念は”一向に変わっていない”ということ。

歴史から学び、それを生かしたものにするのはもちろん大賛成で、私たちも何十冊何百冊と本や映像をみてきました。(おススメしてくださった皆様ありがとうございました!!) ただ、今あるものは、それはどこか中身が変わらないで表面だけ変わっているような、、、歴史から学ぶというよりも、むしろ反対からみると現代にあっていないものを無理やり現代に押し付けているような、そんな気がしていました。

尊敬しつつ、それでも若手が時代を変えていかなければ業界も文化も歴史も廃ってしまうのはどの業界も同じ。ここは私たち防災ガールが突き進むべきところなのではないか!と考え、事業も体制もガラッと変えたいとおもっています。

「またそうやって命に関わることなのにオシャレにとか言ってんじゃねーよ」
「何が防災ガールだ」
と何百人何千人に叩かれてきた私たちですが、それでもこういうやつらがいないと時代は変わらない、こういうやつがこれまでも時代を変えてきたんだと信じ応援してくださる専門家の方々や仲間がいたからこそ続けられ、むしろその思いを吸収し大きくなってきています!

2017年はそんな想い、そして一人一人のパワーを全開にした勝負の一年になるとおもっています。
皆さん、力を貸してください。そして、一緒に新しい防災の話をしましょう。

Pocket

人気の記事

Copyright c Bosai girl All rights reserved