2017年度前期 防災ガールを飛躍させるメンバーを募集します!

こんにちは!防災ガール人事・管理チームです。

防災ガールでは半年ごとに活動の参加を自分で決める更新制度をとっており、半年の区切りでメンバーが入れ替わります。
今回も、2017年度前期メンバーとして2017年4月1日から一緒に活動していくメンバーを募集します。これまでとは少し応募方法が変更されていますので、興味がある方はこのページをよく読んでご応募ください!

 

 

1.団体概要

団体名
一般社団法人防災ガール

団体の基本理念
『防災があたり前の世の中』をつくることを目標に活動している団体です。
設立してから3年、「防災をもっとオシャレでわかりやすく」することで、なんだか難しそうで近寄りがたく距離の遠かった「防災」を若者や女性にとっても身近なものに感じてもらい、「やらされる」のではなく「やりたくなる」ものへと変えるべく活動してきました。

基本情報(2017年1月現在)
任意団体設立:2013年8月26日
一般社団法人化:2015年3月11日
代表理事:田中美咲
事務局:3名
メンバー:21名(2016年度後期)ー累計メンバー数110名(3年間)

あるあるQ&A
Q.どんな人達がやってるの?
A.現在活動している21名は、大学生や会社員・フリーライターや行政職員、そして現役の消防士までバックグラウンドは様々です。強みの違う人が集まっていることこそが、私たち防災ガールの価値となっています。

▼防災ガールってどんな人がやってるの?
お仕事をやりながら、学業をやりながら活動するって可能なの?

防災ガールメンバーインタビュー公開中

 

Q.どこで活動をしているの?
A.拠点は東京の本郷三丁目のシェアオフィスになります。ただし東京以外に住むメンバーも多く、会議や情報共有は基本的にオンライン上で行っています。

Q.どんな事業をしている団体なの?
A.事業の内容は団体のフェーズによってめまぐるしく変化します。柔軟な姿勢とスピード感も防災ガールという団体の強みのひとつです。メンバーにはそれぞれを強みやスキルをいかしてもらいながら、面談の上、それぞれの希望に合わせて担当するチームや役割を選んでいただきます。
2017年1月現在は、メンバーはそれぞれ情報発信チーム・事業推進チーム・人事管理チームに分かれて活動しています。

■情報発信チーム:防災ガールの強みであるわかりやすい情報を、日々WEBコラムやSNSを中心に発信しています。熊本地震の際には、現地にいたメンバーの生の声をSNSで発信するなどもしました。

■事業推進チーム:行政や企業とコラボレーションし、社会的インパクトの強い事業を企画・運営します。3年間で60社と連携をしてきました。主な事業として、津波防災の普及啓発プロジェクト#beORANGEや、自分のアタマで考えて避難できる人を育てる次世代版避難訓練LUDUSOSなど挙げられます。

■人事・管理チーム:2016年の春から発足した一番新しいチームです。メンバーの募集手続きや面談を行い、防災ガールをよりよくする役割を担っています。また、防災ガールに入ってからメンバーが、より活躍できるような研修の担当もしており、月2回オンライン研修と半期で1回の総会の企画と運営を行います。

 

2.これから防災ガールが目指すもの

防災ガールは2013年に設立し、ワークショップやイベント、情報発信からはじまり、2015年に法人化してからは次にくる災害で被災される方を増やさないよう、「“根本的に”社会課題を解決するにはどうしたらいいか」とみんなで思考し、行動してきました。ここから2017年は、多岐にわたってチャレンジしてきたこの3年間の力を集結し、集中と選択をすることで防災業界に一石を投じようと思っています。

若い女の子たちが、ただ「防災しようね!」「わかりやすくしようね!」と広めるサークルのような活動をするのではなく、「防災って一体何なんだろう?」と問い続け、今の時代に合った防災の概念を新しく形作っていくことにも挑戦します。
これは答えのない問答かもしれません。
それでも、私たち防災ガールはこの3年間走り続けてきたからこそ、この問いを持ち続ける責任があると考えています。

幸いにも、防災業界は少しずつ変わり始めているような気がします。
でも、だからこそ。わたしたちはもう一歩先へ進まなくてはいけません。
さぁ。そろそろ、新しい「防災」の話をしましょう。

この”防災ガール”という場所で、それぞれの強みを活かして力を試し、たくさんチャレンジして、失敗して、ぜひたくさんのことを学んでいってください!


(一般社団法人防災ガール 代表理事 田中美咲)

 

3.今回募集する役割

-自ら考えアイディアを見つけ出す『WEBライター』

月に2本程度の頻度で、防災ガールコラムにアップする記事(1200字程度)の執筆を行います!見た人がわくわくするような発見をもたらしたり、やりたい!と行動を促したりする記事を発信することによって、『防災があたり前の世の中』へチャレンジしています。

記事内容については、得意分野があればそれを活かした内容もOKです。他のメンバーと協力して、振り返りやネタの相談調整をしています。

 

-WEBメディアを加速させていく『未来の編集長』

年間60万PVまで成長した防災ガールのコラムサイトを、さらに大きなWebメディアとして発展させるため、連載記事や特集の企画やライターメンバーをサポートする未来の編集長を今回はじめて募集します。

まずはライターなどの活動を通じて、防災ガールについて理解を深めつつ、ご自身の経験を生かして防災ガールのWebメディアをもっと成長させてください!

 

-防災のイメージを変えていく『デザイナー・イラストレーター』

防災ガールのWEBサイトや、チラシ・ポスターをはじめ、各種防災ガールがおこなうプロジェクトのデザイン制作を行います!

WEBデザインでも、紙媒体のデザインでも、グラフィックやイラストなど得意なものを聞きながら、一緒にチャレンジできればとおもっています!行政や国とのコラボ、企業コラボなど普段経験できないことができるチャンス。ポートフォリオとしても活用していただいてOKです。

 

-戦略を立て試行錯誤を繰り返す『PR・広報』

防災ガールの活動やプロジェクトのPRを一緒に考え、細かく仮説検証しながら打ち出していきます!プレスリリースの作成、Facebook、Twiter、Instagram、youtubeを活用した取り組み、その他動画の制作、写真などチャレンジできる幅は様々!

防災ガールの活動を広めるための設計図をつくり、他メンバーとも協力して実行していってもらうポジションです。PRの専門のメンバーに教えてもらいながらできるので成長できるかも?

 

-人と向き合い、チームをつくる『コミュニティマネジメント』

防災ガール内部の研修制度や入会・退会手続き、マニュアルの作成など団体全体の運営のための内向きのコミュニティマネジメント。

そして、これまでお世話になった皆さんへのお礼の気持ちをどうお伝えするのがいいか、団体の成長をどのような形で報告すると一緒にわくわくできるかを考え、丁寧に発信したり、イベントを企画したりする外向きのコミュニティマネジメントをおこなってもらいます。

 

– 仲間を増やし世の中を変えていく『渉外・ファンドレイザー』

防災ガールの活動において国や行政、企業や協会団体との連携により社会を変えていくことがとても重要になってきます。普段作る資料とは異なり、相手に合わせた文章の作成や提案方法、連携方法をプロから学びながら実践していきます!

 

– チームの主役・防災ガールのプレイヤー『事業推進メンバー』

防災ガールのメンバーとして、津波防災のプロジェクト#beORANGEを始めさまざまな事業をともに推進していきます。「自分で考えて決断し行動する」「物事を多角的な視点で捉え、考える」「想像力をもってとりくむ」「既存の概念を超えていく」といった志をもち、それぞれのスキルやこれまでの経験・関心分野を「ここでどう活かせるか?」を考え行動する姿勢が望まれます。もちろん、メンバー皆で頭も捻ります。

ミーティングは基本的にオンライン通話機能のあるgoogleハングアウト(※無料)を用い、事業ごとのチームで必要な回数・頻度のミーティングを設定し実行しています。もちろん企画の本番や、事務所での研修・対面での打ち合わせもありますよ!

 

 

メンバーとしての活動は様々ですが、

①半年で3回以上のオンライン研修参加
『生き抜く力を語り合う夜』
-毎月第2金曜日・第4土曜日に開催されるテーマの中から参加日を選択し、Googleハングアウトを使ってオンラインディスカッションを行います。「答えのない問いについて語り合う」ことで、普段考えないことを改めて考える場・自分と異なる意見を聞き、自分の意見を伝える練習の場として実施しています。

②不定期開催されるリアル研修への参加(※2016後期は3回開催)
-職業年齢さまざまなメンバーが集まる防災ガールだからこそ、専門スキルや得意なことをシェアしてみんなで成長していこう!という趣旨のもと、2016年後期から開始。主に東京オフィスで実施しています。

これまでの実施テーマ:わかりやすく伝える「デザイン」/代表理事 田中美咲
映像作品の作り方(※特別版研修)/阿蘇秘密基地メンバー 中島昌彦
ファシリテーションって何だろう?/メンバー 宗野永枝

③半期総会への参加
-半年に一度、全国からメンバーが集結し防災ガールのこれからについて考えたりスキルアップを行います。前回は大学教授である理事による防災心理学講座や、メンバーによるAEDの使い方研修もおこないました。

 

④月に一度のチェックテストの提出
-オンライン上で配布されるチェックテストに回答することで、防災の基本の「き」を身に着けることができます。

上記4つは全メンバー共通での活動として実施していく予定です。

 

 

4.応募方法・採用フロー

 

2017年前期のメンバー募集は、以下の流れで実施します。

・STEP1:指定フォーマットでの応募書類の提出
・STEP2:書類選考合否結果のご連絡
・STEP3: 2/19(日)・2/20(月)に行われる最終選考・面談への参加(どちらか1日のみ)

 

 

それでは、各STEPについてご説明します。

STEP1.指定フォーマットでの応募書類の提出

・このページの一番下にある応募フォーマットをダウンロードし、
必要事項を記入して、2/11(土) 23:59までに防災ガール事務局までメールにて提出をお願いします。

 

STEP2.書類選考合否結果のご連絡

・提出していただいた書類を選考し、2/13(土)にその合否結果をメールにてお知らせします。

 

STEP3.2/19(日)・2/20(月)に行われる説明会・面接への参加

・書類選考合格の方は、以下のいずれかで実施される最終選考・面談(3時間程度)に参加していただきますので、ご応募の際はスケジュールを考慮の上で事前に調整をしていただくようお願いします。

・2/19(日)@都内防災ガールオフィス
午前の部:10時から / 午後の部:14時から
・2/20 (月)@都内防災ガールオフィス
 20時から

(※遠方の方は、同じ時間にGoogleハングアウトを用いて参加いただけます)
(※最終選考は説明会と面談です。説明会は1時間程度、その後面談となりますが、面談は順にご案内となりますので念のため各日3時間程度確保をお願いします)

 

面談などを踏まえて、最終的に2月末日までに合否結果をお送りします。
合格された方には、その後3月中に内部情報等の秘密保持契約書の提出・会費入金などの諸手続きを行っていただき、
4月より防災ガールとして一緒に活動がはじまります!

 

まとめると、このような流れになります。

 

5.応募フォーマットのダウンロード

上記をお読みになり、「一緒に活動がしたい!」と思ってくださった方は、以下のフォーマットをダウンロードの上各項目にご記入いただき、2/11(土) 23:59までにメール添付にて防災ガール事務局(bosai.girl@gmail.com)までご提出ください。

 

<応募書類フォーマット>
防災ガール入会希望シート (word)

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved