Airbnbが緊急時に一時宿泊施設10万人分確保を目指すと発表

2017年2月5日、Airbnbが以下のように表明を出しました。

Airbnbは考えます。どんな人にでも、どこで生まれ、だれを愛し、なにを崇めていても、居場所は全力で用意すべきと。青臭い理想論なことはわかっています。受け入れる人を制限すべきという潮流が大きな壁として立ちはだかる中、どちらも単純なようでいて、単純にはいかない問題であることもまた確かです。

戦争、紛争などの外的要因で帰る家を失った人たちは今、受け入れられないのが当たり前のような処遇に苛まれています。文字どおり、居場所がない方たちです。となるとAirbnbとしても黙って見過ごすわけにはいきません。アクションを起こすことにしました。

これはAirbnbのホスト(家を貸し出す人)とゲスト(宿泊する人)に登録している人全員にメールで送られています。

(https://www.airbnb.jp/)

 

昨年発生した熊本地震のときもそうですが、Airbnbは第1弾として災害発生時や難民の「避難先」としての一時避難施設を被災された方々に提供する活動を始めています。これまでに世界54ヶ所の現場で災害支援活動をされていました。

また難民支援の前線で働く世界各地の団体とパートナーシップを組み、難民支援活動も進行中です。さらには米国への入国禁止令で影響を受けた難民や市民の方々に向けてAirbnbコミュニティ全体で宿泊を無償提供する計画をアナウンス。これは発表と同時にAirbnbのホストたちでできているコミュニティからの問い合わせが山のように押し寄せ、急遽規模拡張に踏み切ることになったほど。

そして2月5日のリリースでは、一時宿泊施設10万人分確保を目指す新5カ年目標を策定したことを発表しました。

最初は難民、災害被災者、支援ワーカーの支援からスタートし、ゆくゆくは住宅困難者まで支援の対象を広げていきたいとのこと。「家を失って困っている世界中の方々を支援するため、ホストコミュニティとともに知恵を出し合って、宿泊施設のみならず、人とのつながり、リスペクト、社会の一員に復帰する実感を得られる場も提供していきます。」と伝えています。

さらには、国際救済委員会(IRC)にAirbnbから向こう4年間で計400万ドル(約4億5000万円)を寄付し、世界で今もっとも緊急避難場所が必要な人を支えることにも踏み切りました。

 

日本でもいつ何が起きるかわからない。もし自分の家や近くのお家が空き家となっていたら、支援に活用してみてはいかがでしょうか?

支援の方法はこちらから▶︎https://www.airbnb.jp/weaccept/volunteer-email

Pocket

人気の記事

Copyright c Bosai girl All rights reserved