歯ブラシもお水もない!?災害時のお口のケアグッズのご紹介

 

 

避難所生活で水が不足していたり、歯ブラシがなかったりするとお口のケアも不十分に。お口の中が清潔に保てないと虫歯や歯周病というお口のトラブルだけではなく、感染症や肺炎のリスクも高まることに。また、お口の中を清潔に保つ役割もあるだ液が極度の緊張により出にくくなることもあります。

東日本大震災の際、避難所での肺炎予防のためにお口のケアが注目され、飲み水さえなかなか確保できない中で役立つアイテムがたくさんあります。その中でも歯ブラシがなくてもできるものをご紹介します!

 

布やハンカチで歯ブラシの代わりに

布やハンカチなどを指に巻いて、歯を拭い、汚れを取る方法があります。また、口腔ケア用ウェットティッシュも販売されています。    元々介護用に開発された商品で、ウェットティシュにはすでにメントールとキシリトールが配合されているので使用後はお口の中もすっきりです。

 

マウス用ウエットティシュ「口腔ケア ウエッティー」

>>Amazon

 

液体ハミガキの利用

オフィスなどに置いておいたりしていたりする人もいる液体歯磨き。水が少ない災害時には活躍します。適量お口に含んですすいだ後、歯ブラシでブラッシング。殺菌成分のある液体ハミガキを使うことでお口の中の菌を減らすことができます。液体ハミガキは商品にもよりますが、未開封であれば3年ほど保存が可能です。

液体ハミガキがない場合はお茶や、うがい薬での代用もできます。

 

液体歯磨き「ディープクリーン」

>>Amazon

 

キシリトールガムなどを常備

水がない場合は、キシリトール配合のシュガーレスガムの利用も有効。虫歯予防ももちろんですが、ガムをかむことで緊張を軽減になりだ液をたくさん出すことができ、お口の中もすっきり。

わずかではありますが空腹感も紛らわすことができます。水分が必要なく、保存期間も長いので防災バッグにひとつ入れておくと便利です。

 

いかがでしたか?後回しになりがちなお口のケア用品。避難所生活が長くなる場合には必需品になります。
状況に応じて、今回ご紹介したグッズを防災バッグに新しく追加してみては。

身体もお口も健康に保てますように。

 

参考:覚えてください、防災にオーラルケア サンスター
http://jp.sunstar.com/bousai/top.html

 

 

 

サンスターHPより引用
http://jp.sunstar.com/bousai/pdf/bousai_oral_handbook.pdf

Pocket

人気の記事

Copyright c Bosai girl All rights reserved