“火消し”の魂を現代に!オシャレすぎる京都店オープニングに行ってきました!

江戸時代に江戸幕府によって定められていた、頻発する火事に対応する「防火・消火制度」。

その一つである消防組織としての「火消し」は、明治維新によってこの制度はなくなってしまったけれど、その魂は私たちにとっても身近な消防隊や消防団として今もなお今引き継がれています。

ゴールデンウィークでもある5月1日、京都で歴史ある「桂月堂」という洋菓子屋さんの跡地を引き継ぎ、古き良き「京」「和」の要素を残しながら新旧織り交ぜた店舗デザインとともに、この「火消し」を現代の世に蘇らせたようなオシャレすぎるファッションブランド「火消魂」の京都店がオープンしたということでさっそく行ってきました!

(これが江戸時代の”火消し”)

 

なんなん?入り口からさっそくオシャレすぎる!

もう写真からもわかる、あふれんばかりのオシャレさ。息をする度に「めっちゃオシャレ」と言ってしまうほど、京都の雰囲気にあっていて、かつシュッとしててたまらなくオシャレ。

※ちなみに店員さんもかっこいいし、オシャレ

 

京都に来たことがある方はわかる、この「寺町通り×三条通り」付近のオシャレなお店たちが立ち並ぶエリア。その数々のお店たちに負けないかっこよさ。江戸時代に、火消しとなる殿方たちに対するキャーキャー言うてしまう町娘の気持ちがわかるようなきがします。

 

木目と畳、かっこよさ新旧融合やん?

お店の中の見せ方もさすがすぎ。

もうなんというか、常設型のインスタレーションかのようで、店舗全体が統一された木目とその色に合わせた畳の上に商品が並べられていて、とてもかっこいい。

「火消」というと男性しか入りにくいのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、店舗に入るとその繊細さは女性でもわくわくするもの。商品一つ一つがコンセプトにあっていてとてもすてきなので、全商品をしっかり見たくなります。

 

一つ一つが意味のある柄になっていて、日常に「和」をとりいれるきっかけにも。

 

おしゃれなふんどし「SHAREFUN」も置いてありました!

 

縁起のいいだるまと升も「火消」仕様。

 

オープニング記念に精米ももらっちゃいました!

 

実は防災ガールとこの「火消魂」をつくられている会社さんとは切っても切れないご縁があり、私たちが運営している「津波防災の新しい合図”オレンジフラッグ”普及啓発プロジェクト #beORANGE」で販売した防災グッズ パラコードミサンガ を一緒に作ってくださっているんです!

そりゃミサンガもかっこよくしてくらはるわ。

 

ただブランドとしてかっこいいから顔を出させていただいたのですが、なんとお土産もいただいちゃいました!粋すぎて感動!

防災ガールとしては真空パックになっているこのサイズのお米は最高なプレゼントや!そしてステッカーもいただいたのでさっそく目立つところに貼っておこうと思います!

ぜひみなさんもお店に遊びにいってみてくださいね!

 

【火消魂(HiKESHi SPiRiT)京都店】

〒604-8081 京都府京都市中京区寺町通り三条上ル天性寺前町541-1

 

もしくはwebストアでも商品はGETできるみたいです!

http://rescue99.com/SHOP/1050879/1050884/list.html

 

記事・写真:田中美咲

Pocket

人気の記事

Copyright c Bosai girl All rights reserved