水洗トイレは使えない!携帯トイレの備えは大丈夫?

災害時、水洗トイレが使えなくなる?!

家でも会社でも学校でも、毎日当たり前に行くトイレ。
トイレを「自分で備える」のは、少しイメージしづらいかもしれません。
ただ、街中で地震が起きたとき、トイレまでたどり着けない、断水してトイレの水が流れない、そんなことがあるかもしれません。

さらに、マンションなど集合住宅の場合は、たとえ水が流れても、下水管はどこかで破裂している可能性があるため、汚物が外にあふれ出し、他の部屋の人に迷惑をかけてしまうかもしれません。管理会社から使用許可が出るまでは自宅のトイレは使わないようにしましょう。

 

避難所のトイレに頼ることもできない

東日本大震災では、仮設トイレが3日以内に行き渡った自治体は、全体のわずか34%でした。食べものや水に比べて、仮設トイレの準備は進みにくいのが現状です。

また、熊本地震では、避難所のトイレは水が流せず、嫌な臭いが広がり、感染症の温床になったという声も。使用したトイレットペーパーのごみは山のように積み重なり、トイレのそばに近寄るのもはばかられたそうです。

携帯トイレはすぐ使え、防臭できるものを

水や食べ物は数時間までなら我慢できても、どうしても我慢できないのがトイレ。
備えておくべきなのが、自分で持ち運びできる「携帯トイレ」です。
携帯トイレを選ぶときに重要なポイントは、水なしですぐに使えること、そして、嫌な臭いを抑えてくれることです。

様々な種類のものがありますが、おすすめの携帯トイレをご紹介します!

 

もしもの時のさわやかトイレ

こちらは、女性が手に取りやすいかわいらしいパッケージ。しかも、ハーブやローズの香りのアロマオイルが配合されています。非常時だからこそ、気持ちを落ち着かせてくれそうなトイレです。

 

BOS非常用トイレ

今あるトイレに袋をかぶせるだけですぐに使え、凝固剤を加えると嫌な臭いをばっちり抑えてくれます。コンパクトなので、家族の分まで少ないスペースで備蓄することができます。

 

携帯用バイオトイレ

「バイオトイレ」とは、おがくずを混ぜることで、汚物を分解処理し、使用したおがくずは肥料などに再利用できるものです。安全な水が手に入りにくいアフリカなどでも使用され注目を集めています。

 

 

トイレは人それぞれ必要な回数が違うため、自分に合った数だけ携帯トイレを備えておくのが安心です。万が一、足りなくなった場合は、給水ポリマーを含んだ紙おむつやペット用のトイレシートなどが役立つでしょう。

また女性はストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまうこともあるので、生理用のナプキンやショーツも準備しておくと◎

 

トイレを我慢しようと、水分をあまり摂らず体調が悪くなってしまっては、元も子もありません。
避けて通れないトイレ問題を他人事にせず、ぜひしっかりと備えてくださいね。

Pocket

人気の記事

Copyright c Bosai girl All rights reserved