今協力したい「防災プロジェクト」3選!

9月の防災月間に向けて続々と防災のプロジェクトが立ち上がり始めています!(よっ、防災業界!)

そこで、防災ガールや代表の田中が関わらせていただいているものも含めて、「これは協力したい!」と思えるプロジェクトをご紹介します。

また、まだ計画段階ではありますが、9月から防災のプロジェクトや商品開発にトライしたいという方を募集して防災ガールが全面サポートをするというキャンペーンも開始予定!

ぜひぜひ先陣をきって動き始めたこれらプロジェクトを参考に、一緒に企んでいきましょう!

 

1.災害時のトイレネットワークプロジェクト「みんな元気になるトイレ」in 富士市

静岡県富士市の小長井市長が発起人となって立ち上がった本プロジェクト。

災害時、避難所には自宅を失った方などたくさんの人が避難します。
そんな避難所で最も困るのがトイレ。避難された方が トイレに並ぶことなく使用するためには、避難者50人につき、1台のトイレが必要だと言われています。そこで立ち上がったのがこちら!
 
全国の 1,741市区町村が1台あたり4部屋洋式の水洗トイレ付きトレーラーを 1 台ずつ常備。
緊急時には近隣地域からトレーラーを移動させ支援に向かいます。

そしてこちらのプロジェクト、個人による寄附は「ふるさと納税」の対象となります!

わかりやすい動画はこちら!

現在クラウドファンディングにて支援者を募集中とのこと。ぜひご協力ご支援、そして我こそはうちの市町村も実践するよという行政の方々の挙手もお待ちしています!

あなたの街にも救援。災害派遣トイレ網を史上初、富士市から!

 

2.Pop-up Commons in 福岡市

移動可能な支援拠点」を活用した、地域のコミュニティづくりにもつながる、災害に強いまちづくりを目指す防災・減災の新しい取り組みがこの「Pop-up Commons」です。

現在は福岡市と連携して実証実験を開始中。実際に、旧大名小学校グラウンド上にトレーラーハウスを設置して、コミュニティ形成の場として運用されています!ぜひどなたでもお気軽にいらしてくださいとのこと。

Pop-up Commonsの運用について> 
◼︎ OPEN:平日 10:00〜18:00
◼︎ CLOSE:土日祝日
※ 土日祝日も、イベント開催等で一時的にOPENする場合があります。
※ 打ち合わせ等で外出しており、一時的にCLOSEさせていただく場合もあります。予めご了承ください。

普段は地域住民のコミュニティ形成の場としてイベントや休憩できる公園のような場所として活用。有事の際は支援を必要とする場所に出動し、出動先のニーズに応じた様々な支援活動をするという。(例:被災者および支援者の休憩室、宿泊場所等として開放など)

これからの動きをチェックして、福岡によるときはぜひ行って見てはいかがでしょうか!
移動式の支援拠点|Pop-up Commons

 

3.津波防災の新しい合図「オレンジフラッグ」を全国の沿岸部に! in 宮崎市

これはもう完全に告知ですが、みんなに知ってほしい!!

現在防災ガールと日本財団が共催となり、宮崎大学の「宮大学生消防隊」のみんなと一緒に宮崎市の青島地区の津波避難ビル15箇所にオレンジフラッグを掲げるためにクラウドファンディングを立ち上げています。

オレンジフラッグ」は津波や地震が来ても気付きにくい海辺の人や、近隣住民の方々に津波が来たぞ!と知らせる視覚情報で、現在高知・愛知・静岡・宮崎の4県の一部のエリアや、日本サーフィン連盟の各支部、そしてライフセービング協会の方々にも協力してもらい全国に広まり始めています!

オレンジフラッグ啓発プロジェクト #beORANGE

イメージ動画はこちら!

宮崎から全国に広まってほしいと私たちも全力で協力しています、ぜひご支援よろしくお願いします!

宮崎イチの観光地青島の津波避難ビル15箇所にオレンジフラッグを掲げたい!!

 

 

さて、それぞれのプロジェクト特徴も違って見ているだけでこれからの未来の防災の息吹を感じますよね!

そしてどれも移動可能」「一つの行政区に縛られない」「みんなの協力が必要という点では同じ。
(行政側の方々は、こんな魅力的な意識ある人たちを巻き込まずして何をしている!って感じです #毒)

しかし、それぞれのプロジェクトは発起人やその周りのスタッフ・メンバーだけが意識高くやっていたって意味がありません。これから大きな災害がきたときに、一人も死なせない!その気持ちで動く彼らに全国民一人一人が協力し、助け合うことが必要だと思います。

現地に行ってみる、クラウドファンディングで少額でもいいから協力する、SNSでシェアしてこれを知っている人を増やす、どんな形でも協力を求めていると思います!

ぜひ一歩踏み出して見てくださいね!

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved