#beORANGE SUMMIT 2017を開催します!

海を想い、津波防災の未来を創る。
#beORANGEサミット2017を開催します!

昨年、海と共に生きる未来をつくるために私たちと海が好きな人たちで小さな一歩を踏み出した#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)。

目で見る津波の合図であるオレンジ色のフラッグは、少しずつではありますが確実に日本の沿岸部に広まってきています。けれど、各地域でとりくむ中でチャレンジをしたからこそ見えてきた課題や、長く防災に関わっているからこそ感じている壁や、言葉にできない閉塞感のようなものを感じている方もいるかもしれません。

一人ではできないことも、仲間がいれば動き出すことがあります。
もう手立てが無いと思っていたような状況も、「外」から見ればチャンスになることがあります。
大変そうで難しそうで越えられないと信じていた壁も、少し角度を変えてみれば意外な抜け道が見つかることがあります。

そんな「新たな一歩」のために、
わたしたちは全国から参加者を募り#beORANGEサミットを開催します。

 

schedule&program

11月5日の津波防災の日の前に、ともにまなび、ともに考える時間を作りました!

日時:2017年10月20日(金)14:00-18:00(開場13:30)
参加者数:100名程度
参加費:1,000円(軽食準備のため)
対象者:全国の行政の防災担当者の方、海を愛する方、防災に携わっている方

※応募者多数の場合抽選とさせていただきます!

 

第一部 Know -知る時間-

『津波防災ソフト面対策啓発プロジェクト#beORANGEの活動と事例紹介』

・これまでの#beORANGEの活動報告
・オレンジフラッグ先行事例の紹介(鎌倉市・宮崎県)
・全国沿岸部市町村「津波防災ソフト面対策」ランキング発表
・第一位 葉山町 町長メッセージ

第二部  Listen -聴く時間-

『PR、人材、資金調達についての課題解決トークセッション』

千田英史(ちだひでふみ)株式会社PRTIMES
土屋有(つちやゆう)宮崎大学地域資源創生学部 講師
家入一馬(いえいりかずま)株式会社CAMPFIRE代表取締役

ex「どうやって伝えたらいい?」周りを巻き込むPR方法とは?
 「人手が足りない?」そんな時に仲間を集める方法とは?
 「お金がなくて活動できない?」新しい資金調達の方法とは?

新しい「こと」を起こす際に生じる課題や地域で何かを始める時のコツ、仲間づくり・資金集めの方法などを、多様な経験を持つお三方を交えたトークセッションを中心に紹介していきます。

第三部 Discussion -話す時間-

『オレンジフラッグを広める作戦会議』

グループごとに分かれ、それぞれの地域の課題を元に「それぞれの地域でオレンジフラッグを広めるにはどうしたら良いか?」について作戦会議を実施。トークセッションや作戦会議を得て、それぞれの地域で行うアクションを宣言します!

access

会場:株式会社CAMPFIREセミナールーム
〒150-0002  東京都渋谷区渋谷2丁目22−3渋谷東口ビル5階

about event

開催日時:2017/10/20(金) 14:00-18:00
開催場所:東京(渋谷)株式会社CAMPFIREセミナールーム
費用:軽食代1,000円のみ
持ち物:海への想いとあわせて、ぜひオレンジ色の物を身につけてお越しください!

主催 #beORANGEサミット運営チーム
共催 一般社団法人防災ガール・日本財団 海と日本プロジェクト
協力 株式会社CAMPFIRE・鎌倉市

※注意事項
・当日は取材が入る可能性がございます。
・サポートが必要な方は事前に事務局へご連絡お願い致します。

申し込みはこちら!

お申し込みの際には件名を「サミット申し込み/(ご自身のお名前)」として

・お名前(ふりがな)
・連絡先(メールアドレス、電話番号)
・所属(企業名/団体名)

を必ずご記入ください。
開催2週間程度前にご出席いただく方にのみご連絡をさせていただきます!

みなさんとお会いできることを楽しみにしております!

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved