今年の冬はジョセササイズで冬を乗り切ろう!

滋賀県長浜市にある私たち防災ガールが運営する「生き抜く知恵の実験室」にきています。一般社団法人防災ガール代表理事の田中美咲です!

私たちの実験室があるこの地域は、”関西の北海道”と呼ばれ、多い時は約2mもの雪が積もる所。ご覧の通り今も雪が積もっています!

 

奈良県で生まれ、横浜で育った私は雪が積もる場所で暮らしたことがないので、この寒さと共に暮らせるのかとても不安。高く積もった雪をどう除雪していくのか、寒くて外に行きたくなくなって出不精になってしまいそう…と不安ばかりが積もっていきます。

 

そんな時は、
福島県西会津町で誕生したジョセササイズ!!!

以前、西会津町に講演で伺った際に出会った方がまさに「ジョセササイズ」をされていたのを思い出し、今こそそのタイミングだとやってみました!

 

豪雪地帯で生まれた「ジョセササイズ」ってなに?

ジョセササイズ =「除雪」+「エクササイズ」

ジョセササイズは除雪をするエクササイズの略で、雪が降る地域で必ずと言っていいほどやらなくてはならない除雪は”労働”ではなく”エクササイズ”であるという新しい発想から生まれた活動。

 

私たちは、ジョセササイズを通じて
雪国の日常生活の苦痛を楽しみに変えて、
西会津町や会津地方さらには雪国に訪れていただく
きっかけを提供できればと考えています。

—  日本ジョセササイズ協会 http://jjxa.strikingly.com/

 

ジョセササイズをやってみた!

1、まずは防寒対策と準備運動!

 
ちなみに今履いているブーツは、シバタ工業さんと私たち防災ガールで作った「災害ボランティア用ブーツ」です!完全防水ですごく柔らかく、靴底に鉄板が入っているのでおすすめ!

 

 

2、スコップで雪を崩す

 
スコップだけだと腰が痛くなるので、あとからスノーダンプで運びやすくするために、雪の固まりを小さく崩します。
 

3、スノーダンプで雪を運ぶ

 
スノーダンプがすぐ見当たらなかったので、大きめのスコップで!スコップを持つ腕を腰に近づけて、

腰が痛くならないために、中腰の姿勢にならないように。なるべく腹筋を意識したほうがいいとのこと!

 

 

4、そして適度に休憩・・・

 5〜10分ほど膝を曲げて仰向けになるのがいいみたい。このまま寝てしまわないように、こたつには入りません笑
 
 
思っていたより簡単で、とても楽しかったので次に雪が降った時もできそう!
冬は運動する機会も減ってしまうのでとてもおすすめです。

 

ジョセササイズをするときは準備もしっかり!

実は、日本では平成26年に50名を超える方が除雪のために命を落としています。
除雪をしなければ生活が難しくなる豪雪地帯だからこそ、毎年の除雪を楽しく安全なジョセササイズに!
 
  • 体調は悪くないか
  • 防寒対策はしているか
  • 周りに危険なものはないか
  • 正しい道具を選んでいるか
そしてできる限り1人で行うのではなく、複数名で楽しみながらやりましょう!楽しめるだけでなく、何かあった時に助け合える状況を作っておくと安心です。
 

除雪シーズンにはジョセササイズのLINEスタンプもどうぞ!

LINEスタンプはこちらから ▶︎ https://store.line.me/stickershop/product/1348377/ja

 

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved