防災ガール総会を開催!防災ガールの災害時の対応とは?

新体制となり半年、全国の防災ガールメンバーが集結する総会を東京オフィスにて行いました。

今年は自然災害が各地で猛威を振るい、書店やニュースでも防災関係の情報を多く目にしました。

今回の総会では、新体制の振り返りから災害時の防災ガールの活動方法などを中心に意見を交換しました。

webメディア半年間の振り返りと課題

2018年度前期から体制が変わり、企画・校正・PR・デザイン・分析チームとそれぞれスキル別の組織中、各チームから活動の振り返りと、課題を洗い出しました。


「初めての記事で手こずりながらも、どうにか書き上げることができた。」


「どういう記事をあげればいいか迷う時があるので、メディアの目的をはっきりと言語化していきたい」


「各チームで横連携を活かして、新しい記事をつくりたい」

 

など、活動の振り返りやチームごとによかった点や課題点の共有をしました。また各チームの要望を出し合い来期のwebメディアの記事スケジュール、今後のプロジェクトに関するメンバーの役割分担を行いました。

 

防災ガールのイベント出店を解禁!!

イベントに出店することがない(できるだけ控えていました…!)防災ガールが、2ヶ月連続でイベントに出店いたします!

 

<出店するイベントはこちら>

9月2日 旅祭り PEACE DAY

画像引用:旅祭実行委員会

ピースデーとは「人が人を殺さない日」をつくろうと、国連が定めた国際平和デー(9月21日)。
日本でも多くの人にピースデーを知ってもらい、すべての人がピースでつながる日を作っていけたら……。そのために、まずは1日だけでも、対立や不寛容を超えて、それぞれのこころの中にあるピースについて、そして命について考えてみる1日をつくろう。
人と人のつながりを感じる日、いのちのすばらしさを讃える日、平和を見つめ、平和を考える日としてピースデーフェスが立ち上げられました。

下線部参考リンク:旅祭実行委員会

 

10月18〜21日 RENEW

福井県鯖江市・越前市・越前町全域で毎年10月に開催されている「RENEW(リニュー)」は、持続可能な産地づくりを目指して2015年にスタートした体感型マーケットです。会期中は普段出入りできないものづくり工房の見学を通じて、作り手の思いや背景を知り、体験しながら商品の購入が楽しめます。

下線部及び画像引用:RENEW実行委員会

 

両イベントともコンセプトが「防災」ではなく、社会課題に対するもの、作り手の思いを大切にするものなど、活動の中のストーリーに共感したため、今回出店を決断しました。

これらのイベントでは防災ガールの活動の理念や#beORANGEの活動を伝えるために、防災ガールがこれまで作ってきたグッズの出店を行うので、ぜひお越しください。

 

■イベントに伺うメンバー

旅祭:カンキチ、かすみん、あやか、もえ

RENEW:美咲、かすみん、かほ、もえ、くわ、カンキチ

おやすみの時間や日付によって変動はしますが、ぜひぜひ私たちに会いに来てください!普段はwebでご紹介するアイテムも実際に見ることができます!

 

災害時にこれからの防災ガールがするべきこと

大阪府北部地震、平成30年7月豪雨と今年は立て続けに災害が起こり、防災ガールもSNSを使った情報発信などの緊急対応を実施。

大阪府北部地震webメディア「防災ガール」アクセスレポート

 

防災ガールのメンバーはそれぞれ仕事や学業などがあり、災害が起こった時に必ずしも現地に行けるわけではありません。

だからこそ、今一度災害が起きた時に、防災ガールとしてどのような対応をすべきか話し合いました。


「災害発生時の緊急対応のスピード感にぞくぞくした。すぐに駆け付けられない人の見本になれるのも防災ガールができることなのではないかなと思った」


「現地にボランティアとして行きたい」


「熊本地震では継続的に足を運べたからこそ築けた関係性があった。当時の防災ガールはメディアで伝わらない現地の声を発信するというスタンスだったので活動に沿っていた。」

 

など様々な意見が飛び交う中で、大阪府北部地震でのアクセス解析の結果もあり、防災ガールは緊急時に被災された方や不安を感じた方にとって心の拠り所となったり、欲しい情報を得ることができる団体・サイトであることがわかりました。

その結果から、

 

1:緊急時のリアルタイムの発信をできている団体は多くないのでそれを続ける。
2:現地に行くのは団体としてではなく各メンバーの意思に任せる。 
3:行動指針を防災ガール団体サイトにまとめ、スタンスだけのPRは意味がないので情報と合わせて展開する。

 

ということを決めました。

 

決まったことはこちらをご覧ください

→「災害が起きたら防災ガールは何をするか?

 

防災ガールは各々がこれからの防災を考え活動しています。メンバー一同成長し、変わり続けながら、その時に必要とされる防災を考えて活動していきたいと思います。

 

 

Pocket

人気の記事

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved