WEEL

 

 

わたしたちは、思う。 これからの「防災」は、自然災害に対するものだけじゃなくていい。

 

纏うこと、食べること、暮らすこと、それはすなわち「生きる」ということ。 便利になり、価値観が変わり、情報に溢れ、楽しいものやオシャレなものにも溢れていく今の世の中は、カラフルで甘く、それなのにどこか寂しくて不安定な気配がある。

 

どんなに楽しく笑っていても、「今」は変わる。 そのことを、わたしたちはもう大なり小なり自覚し始めている。 「変化」の溢れるこの時代に、わたしたちが生きていくために必要なことは、何なのだろう。

 

「防災」は、「災いを防ぐ」と書く。 それは人間を不幸にするあらゆる困難から自分や周りの人を守り、生き抜く力だ。

 

 

 

 

WEELとは  |  持ち主  |  LIVE  |  紡ぎ手

 

 

 

 

■生き抜く知恵の実験室 WEELとは

「防災」とは何か。その根本を問い直し続けて至ったのは「生き抜く力」であるということでした。 要するに、防災は「あなたとあなたの大切な人が幸せに生き続けていくための対策」でしかないのです。

 

それじゃあ、もっと色々な考え方ができるんじゃないか。 もしかすると防災って、これからの時代においてはもっと広い範囲の話をしていく必要があるんじゃないか。

 

そんな仮説を元に、防災を「生き抜く力」であると再定義した上で、これからの時代に求められる「生き抜く力」と「生き抜く知恵」について考え、ゲストから学び、自らも発信する。 それが『生き抜く知恵の実験室WEEL』です。

 

「そろそろ新しい防災の話をしよう。」というコピーを掲げる一般社団法人防災ガールが、滋賀県長浜市・コクヨ株式会社・リユース着物 たんす屋の協力を得て考え、見つけていく、「新しい防災」の実験的プロジェクトとなっています。   

 

 

 

 

■生き抜く知恵の持ち主

       

 

 

 

 

■生き抜く知恵を語るLive!


生き抜く知恵を語るLIVE #1 「家族」 2017年11月11日

 

 

 

 

■紡ぎ手

田中美咲・中西須瑞化・岡谷藍・安江朱音・筒木愛美

Copyright c Disaster prevention girl All rights reserved